38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』がダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

直接法は「ビジネスブロセス」「仕入先」との
現金収支を表にしたもの

林教授 「営業キャッシュフロー」は、商売によって増えた現金のことだったね。

カノン 会社の「儲け」ですね。

林教授 実は「営業キャッシュフロー」の作成方法は直接法間接法の2種類があるんだ。

カノン そうなんですね。

林教授 直接法は、前回説明した「ビジネスブロセス」「仕入先」との現金収支を表にしたもので、間接法は貸借対照表を加工して作成する方法だ。

カノン どちらかを理解すればいいのでしょうか?

林教授 両方がわかって初めて「営業キャッシュフロー」が理解できる。

カノン 両方ですか…。大変そうですけど、頑張ります!

林教授 まずは直接法から説明しよう。

カノン はい。