初代の名が入った創業からの看板
初代の名が入った創業からの看板 Photo by Yohko Yamamoto

全量、吟醸造りを目指して!
美酒を極める小さな造り酒屋

 芸術家、池田満寿夫氏の躍動感溢れる「勝駒」の揮毫ラベル。清都酒造場3代目の清都康介さんが仲間と共に、蔵の酒を愛した氏に宴席で依頼して実現した。ラベルには「富山の小さな手造り酒やです。5人の造り手で、そう、こっぽり(沢山)とはできません」と蔵の姿勢も紹介される。

「新鮮な富山の魚に合う、きれいな酒を目指しました」と康介さん。

 創業は1906年。康介さんの祖父、慶介さんが日露戦争から帰還後に千保川近くで酒造りを開始。銘柄「勝駒」は戦勝を記念して命名された。明治期築の木造2階建ては国の登録有形文化財で、切妻造り、桟瓦葺と風情があるが、酒造設備は酒質第一で整備する。

 今のスタイルの勝駒の誕生は、30年前に遡る。高品質の酒を目指した康介さんが、当時まだ珍しかった吟醸酒造りへと舵を切った。能登杜氏の川原康義さんを招き、最高峰の酒米、山田錦で吟醸酒に挑戦。その酒が高評価を受けて人気酒に。

 今、代表的な商品は、兵庫県産山田錦で醸す大吟醸と純米吟醸、富山県産五百万石で醸す純米酒と本醸造。酵母は金沢酵母のみと潔い。純米酒の精米歩合を見て驚く。玄米を半分磨いた50%で、大吟醸を名乗れる高品質。他の酒も精米歩合が高い。「不容偽(偽りを入れず)」が酒造りの信条と康介さん。

 量産せず、良心的価格で、美酒をひたすら極める。その美学を引き継ぐのは、4代目の浩平さん。さらなる美酒を極めていく。

勝駒 純米
勝駒 純米
●清都酒造場・富山県高岡市京町12-12●代表銘柄:勝駒 特別大吟醸、勝駒 大吟醸、勝駒 純米吟醸、勝駒 本仕込 特別本醸造●杜氏:社員杜氏●主要な米の品種:山田錦、五百万石