スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。
そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心でエリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が話題となり、ロングセラーとなっている。
ベストセラー作家で“日本一のマーケッター(マーケティングの世界的権威・ECHO賞国際審査員)”と評された神田昌典氏も「現代版『武士道』というべき本。新しい時代に必要な教育が日本人によって示されたと記憶される本になる」と語った本とは一体なにか。スタンフォードにいる著者を直撃した。(これまでの人気連載はこちら)。

夫婦喧嘩 子供の前
Photo: Adobe Stock

子どもの前でのケンカはよくない? いいの?

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書
【著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)
https://tomohirohoshi.com/

「子どもの前でケンカはやめよう!」

子どもに、カーッとなってやり合っているところを見せるのは、子どものためにいい気はしない。だから、夫婦間で子どもの前では絶対にケンカをしないと取り決め、表面的には円満な家庭も多いかもしれません。

だが、人生はそれほど単純ではない現実を生きている私たち。

夫婦ゲンカは子どもの教育にいったいどうなの?

やめたほうがいいの? それとも、少しくらいは平気なの?

『スタンフォード式生き抜く力』でも取り上げた、ポジティブ心理学の最先端情報発信地、北カリフォルニア、ベイエリアのカリフォルニア大学バークレー校Greater Good Center(GGC)発信の情報をお届けします。

知っておくべき夫婦不仲の悪影響とは?

次のような行為は、子どもたちに大きな悪影響を及ぼすので、絶対にやめましょう。

・侮辱したり、「出て行け」などと脅す
・暴力を振るう
・一見許したり、解決したように偽って振る舞う

こうした行動を繰り返していると、身体的にも精神的にも長期的な悪影響が子どもに出てくることがわかっています。子どもが大きくなってから問題が見えてくるので怖いのです。

悪影響については、次のようなことが報告されています。

・子どもが幼稚園時に夫婦不仲の環境にいると、中学に入ってから生活指導などの確率が上がる
・子ども自身が感情の統制が取りにくくなり、学校などで攻撃的になったり、問題行動を取りやすくなる
・頭痛や胃痛など、病気がちになる
・コルチゾールなどストレスホルモンの血中レベルが高くなる
・心疾患、免疫低下などのリスクが上がる
・薬物中毒になりやすい

言葉が理解できない赤ん坊でも、夫婦不仲が同様に影響するという報告もあります。