スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。
そのトップが日本人だということをご存じだろうか。オンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心でエリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が発売たちまち2万部重版と話題になっている。
ベストセラー作家で“日本一のマーケッター”と評された神田昌典氏も「現代版『武士道』というべき本。新しい時代に必要な教育が日本人によって示されたと記憶される本になる」と書評した。
このたび、同じスタンフォード大学で教鞭を執るスティーヴン・マーフィ重松教授と星校長が対談。星校長の視点から対談の学びを共有する。(これまでの人気連載はこちら)。

Photo: Adobe Stock

「自己肯定感を高めよう!」は逆効果?

スティーヴン・マーフィ重松
スタンフォード大学医学部、心理学者
ハートフルネス・ラボ創設者
日本で生まれ、アメリカで育つ。ハーバード大学で臨床心理学の博士号取得。東京大学留学生センター・大学院教育学研究科助教授。現在、スタンフォード大学医学部ウエルネスとリーダーシップ教育の心理学者。マインドフルネスの概念をベースに、生きる力やグローバルスキルを高める専門家として、教育・医療などの分野で国際的に活動中。主著に『スタンフォード大学 マインドフルネス教室』(講談社、2016年)、『From Mindfulness to Heartfulness 』(Berrett-Koehler Publishers、2018年)、『スタンフォード式 最高のリーダーシップ』(サンマーク出版、2019年)、『スタンフォードの心理学授業 ハートフルネス』(大和書房、2020年)など。

「自信を持ちましょう!」
「ポジティブに考えましょう!」
「自分を褒めて、自己肯定感を高めましょう!」

こんなことを意識すればするほど、「今の自分はダメだ」「自己肯定感が低いから、自分はうまくいかない」「もっと自信があれば行動できるのに」と感じることがあなたはありませんか?

物事や自分をプラスに捉えようとしても、人間関係、仕事、些細なつまずきで弱気になる、落ち込む、卑屈になる自分を心の中で否定してしまう……。

近年では、「自己肯定感」という言葉もよく聞くようになり、「自己肯定感が低い自分はダメだ」と感じている人も少なくないと思います

「『ありのままでいい』と本当に自分を認められた時、人は変わります」

スタンフォード大学「ハートフルネス・ラボ」を創設した心理学者スティーヴン・マーフィ重松先生は言います。

ハートフルネスは、思いやりと感謝、大らかさを持って生き、自らへの正直さ、すべての存在への共感から行動するという、自分と相手を大切にする考え方です。

よく聞くモチベーションコントロールや、自信を持つことで自己肯定感を高めようとする姿勢と、本当の意味で自分を肯定し大切にすることは違います。

今回は、重松先生との対談で発見した、多くの方の悩み「自己肯定感」について、

・マインドフルネスの目的は、リラックスではなくネガティブな感情をも感じること
・努力して結果を出して、自己肯定感を高めるのは無意味?
・2つの共感の意味と、自分を無くさず相手に共感する方法
・人と比べて優秀でも自信が持てない理由
・自分も人も心から肯定し、認め合う社会のつくり方

をみなさんと共有したいと思います。