「若手社員がつまずきやすい、よくある場面トップ3」に効果的な質問と言い方とは?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

厳しく問われるパワハラ問題、コロナ禍によるリモートでの指導などで、部下の育成に悩む上司が増えているといいます。一方、新人も知らないことはすぐにググれる「デジタルネイティブ」が増え、自分の頭で考えたり工夫する必要がなかった世代になりました。そんな部下のやる気を引き出すためには、どのような言葉をかければよいのでしょうか。そこで前回に続き今回は、元リクルートの“トップ営業マン”で、これまで1万人の管理職や若手・新人の営業スキルをアップさせてきた大塚寿さんの新刊『自分で考えて動く部下が育つすごい質問30』(青春出版社)から、「若手社員がつまずきやすい、よくある場面トップ3」に効果的な質問と言い方を紹介します。

【第3位】人を巻き込んで仕事ができない部下の場合

 子供の頃、野球やサッカーなどみんなで遊ぶより一人で遊ぶ方が好きだった、という人が一定数存在するものです。

 仕事も一緒で、チームで進める仕事より、一人でやったほうが自由でいいと思っている人は少なからずいます。誰かと一緒に仕事を進めるのは面倒くさいし、自分一人でやった方が速くて気楽と感じていたり、依頼するのが苦手だったり、関係部門や協力会社の誰かと波風立てたくないと思っていたりするタイプです。