「まだ医療費控除の手続きが済んでいない!」という人も、これからでも間に合います Photo:PIXTA

 例年、確定申告の申告期限は3月15日まで。本来なら、すでに終了している時期だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大が続いている状況を考慮し、4月15日まで延長されている。

 昨年1年間に、大きな病気やケガをして医療費が高額になった人は、確定申告をして医療費控除の手続きをすれば、払い過ぎた税金が戻る可能性がある。

 昨年は、コロナ禍の影響でマスクやアルコール消毒液を購入したり、PCR検査を受けたりした人もいるはずだが、どこまで医療費として認められるかも気になるところだ。

「忙しくて、まだ手続きが済んでいない!」という人も、これからでもまだまだ間に合うので、忘れずに申告しよう。