「南向きの部屋は家賃が高い」は本当?
「南向きの部屋は家賃が高い」は本当? Photo:PIXTA

 誰もが「自宅」に住んでいる。新型コロナウイルスにより在宅の時間が長くなり、これまで以上に「自宅」への関心は高まっているが、「自宅の価値」自体はうやむやにされてきた。

 インターネットの普及は情報交換の場を生み出し、不動産ビッグデータによる統計はさまざまな比較を可能にした。その結果、各社の「ブランド力」をランキングで表すことができるようになった。その歴史的な経緯と現在のランキングを紹介しよう。

分譲マンションの販売戦略転換
その意外な理由とは?

 新築分譲マンションに関するマンションごとの「ネット掲示板」を日本で初めて作ったのは私である。 ITバブルがはじけた2001年頃のことだったと思う。その時期、新築分譲マンションに関する日本初のコンテンツを数多く作成した。中でも一番、集客力を持つコンテンツがこの物件ごとのネット掲示板であった。

 当時の書き込みで最も多かったケースが、「取り囲まれて(物件を)押し売りされた」というものだ。

 販売会社の担当者と顧客とのやりとりが、ネット上に赤裸々に書かれるようになったのだ。そうなると、販売会社から「削除依頼」が私の元に届く。依頼といえば品がいいが、実際のところは脅迫だった。電話口で怒鳴ったり、菓子折り持参で踏み込んでこようとしたりする会社もあった。

 削除依頼はお断りさせていただいたが、その結果、販売会社たちはそれまでの押し売りができなくなった。そこで不動産業界は、押し売り販売からブランド戦略への転換を図るようになる。