38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』がダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。好評連載のバックナンバーこちらからどうぞ。

Photo: Adobe Stock

余ったお金の使い方をどうする?

林教授 これまでの話を整理すると、商売で増やした現金は従来の事業や新規事業の投資に回す。これが投資キャッシュフローだ。そして残りで借金の返済、配当支払い、自己株を購入する。これが財務キャッシュフローだ。

カノン はい。

林教授 では、さらにお金が余ったらどうするかね?

カノン 会社の役員に特別ボーナスを出します。

林教授 それから?

カノン 今まで欲しくて買えなかったものを買います。例えば、高級車とか。

林教授 会社が長く存続し続けるには、もっと意味のある使い方があるはずだが。

カノン どのような使い方ですか?

林教授 会社にとって一寸先は闇なんだ。いつトラブルに巻き込まれるかもしれない。考えてごらん。君の会社が突然取引先から訴えられて損害賠償義務が生じたとしたらどうなると思う? あるいは、強力な競争相手が現れて、主力商品の売上高が激減したとしたら。

カノン うーん、そうですね…。