Eさんの収入は1200万円、奥様は200万円と書かれています。手取り額は合わせて1000万円とします。ボーナスの状況も書かれていないので、試算では手取り額を月割りとして83万4000円(割り切れないので切り上げています)とします。

 一方、支出は記載の項目を合計すると61万1000円となりますが、把握していない出費が多いと書かれています。お悩みには「月々赤字」と書かれていることから、いわゆる使途不明金が多額になっているはずです。83万4000円-61万1000円=22.3万円なので、20万円前後?と推測したいところですが、相談文の「貯蓄」欄には「ローンが残っていない7000万円の一軒家:毎月家賃収入20万円」と書かれていました。この収入を入れても「赤字」であると考えると、使途不明金は月30万円を超えているはずです。

 家計収支がプラス(黒字)で毎月貯蓄がしっかりできていれば、多額の使途不明金を多少は甘く見ますが、Eさんの場合、収支はマイナス(赤字)ですから早急に手を打たないといけません。このままでは、2人の子どもを大学院まで行かせ、また老後の準備も相応にすることは難しいと言わざるを得ないでしょう。

 一方、金融資産は子どもの学費用の資金1000万円、キャッシュ1000万円、年金預金1500万円、日本株300万円の合計3800万円です。その他、賃貸収入を生む不動産が7000万円あります。