がん再発の予防を期待できるワクチン、米国で臨床試験が進行中
Photo:PIXTA

 米カリフォルニア州サンノゼ在住のMarc Baumさん(57歳)は、膀胱がん治療のため数回の手術と放射線治療、化学療法を受けた。これらの治療は3カ月間で終了したが、担当医たちはさらに、がん再発の予防を期待できる実験段階にあるワクチンの投与を希望した。

 このワクチンは、遺伝子工学の技術を用いて、患者の体内の免疫システムにがんだけを標的として作用するように作られている。このほど、その安全性と忍容性が早期臨床試験で証明されたことを、米マウントサイナイ・アイカーン医科大学ティッシュがん研究所のThomas Marron氏が、米国がん研究協会年次総会(AACR 2021、4月10~15日、オンライン開催)で発表した。

 最大限のがん治療を行っても、画像検査では確認することのできない微小ながん細胞が残ってしまう可能性がある。がんに再発が多いのはそのためである。そこで、残ったがん細胞を見つけて死滅させるために、免疫システムを利用する治療法が検討されてきた。しかし免疫療法には、増強した免疫システムが、がん細胞だけでなく正常な細胞まで傷つけてしまうという副作用の危険性もある。