1日5分4週間で、顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕が、スッキリほっそり!
“ろっ骨美人”になると、すべてが動き出す!
運動不足や太りすぎでボディラインがくずれたと思ってダイエットしても、9割の人はスタイルがよくなりません。スマホやパソコンの影響に加えて、ステイホームやテレワークで前かがみの姿勢をとる時間が長くなったせいで、ろっ骨がゆがんでいる人がほとんどだからです。ろっ骨が傾いたり開いたりしていると、脂肪がなくても、ウエストはくびれることができません。
ボディメイクの達人・森拓郎最新刊『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』では、自分で簡単に、ろっ骨を締めて正しい向きに矯正するストレッチとエクササイズを紹介しています。

【テレビ「土曜はナニする!?」で話題!】<br />骨盤矯正より、ろっ骨矯正?<br />リブトレでくびれができる理由Photo: Adobe Stock

ろっ骨の形は自分で変えられる

ろっ骨が開いていたり、傾いていたりするのは、遺伝や生まれつきのせいと諦めていませんか? ろっ骨の形は、なんと自分で変えられるのです。

骨そのものがぐにゃりと形を変えるわけではありませんが、上から下まで12対あるろっ骨のすき間には筋肉があって、その筋肉をゆるめたり鍛えたりすることで、ろっ骨全体のカゴの形を矯正することができるのです。

ろっ骨の中には肺があって、息を吸うとろっ骨が広がり、息を吐くとろっ骨がちぢまることをくり返しています。細かく分けて言うと、息を吸うとろっ骨上部の骨が上に広がり、ろっ骨の下部は横に広がります。

深く呼吸するだけで、ろっ骨は大きく動くのです。ろっ骨をまっすぐに戻して深く呼吸をすると徐々にろっ骨のゆがみがとれていきます。

アンダーバストが締まってくびれが出現!

ろっ骨が大きいのも、生まれつきだから仕方がないとあきらめることはありません。ろっ骨が大きく悪目立ちするのは、ろっ骨が後ろに傾いているせいで、息を吐いても閉じにくく固まっているのが原因です。ろっ骨を体の軸に対してまっすぐにすることが最重要課題です。

ろっ骨の傾きが戻れば呼吸するたびに腹筋をうまく使えるようにもなります。ろっ骨とろっ骨の間にある筋肉がしっかり機能するようになれば、その結果、ろっ骨が締まり、お腹も引き締まってくびれができます。ただしあえて言うと、カロリーオーバーでお腹に脂肪がたまっている場合は、体脂肪を減らすアプローチも必要です。

本原稿は、森 拓郎著『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』からの抜粋です。この本では、1日5分4週間で、気になる顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕がスッキリほっそり変わるエクササイズを紹介しています。リブトレで、これまでノーマークだったろっ骨を整えて、おうちで簡単にくびれボディを目指してみませんか?(次回へ続く)