1日5分4週間で、顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕が、スッキリほっそり!
“ろっ骨美人”になると、すべてが動き出す!
運動不足や太りすぎでボディラインがくずれたと思ってダイエットしても、9割の人はスタイルがよくなりません。スマホやパソコンの影響に加えて、ステイホームやテレワークで前かがみの姿勢をとる時間が長くなったせいで、ろっ骨がゆがんでいる人がほとんどだからです。ろっ骨が傾いたり開いたりしていると、脂肪がなくても、ウエストはくびれることができません。
ボディメイクの達人・森拓郎最新刊『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』では、自分で簡単に、ろっ骨を締めて正しい向きに矯正するストレッチとエクササイズを紹介しています。

【テレビ「土曜はナニする!?」で話題!】<br />ボディメイクに大切な3つのだんごとは?<br />リブトレでくびれができる理由Photo: Adobe Stock

3つのだんごが崩れると、
重みで体がつぶれる

串だんごの姿勢がいいのは、本連載の第4回「ボディメイクのカリスマが断言! 埋もれたくびれを掘り起こす極意とは?」で説明したとおり、頭の重み、胴体の重みが骨盤にうまくのることで、あらゆる関節が自由に動かせるからです。しかし、3つのだんごのバランスが悪いと、由々しい事態が起こります。頭の重みを首や肩が受け止めて肩に顔が埋もれる、ねこ背でお腹がぐしゃっとつぶれて脂肪がたまる、反り腰ではお腹はピンと伸びている裏で背中がたるんで肩甲骨が埋もれるなどです。

リブトレをするとろっ骨の形と傾きが整い、お腹が引き締まり、背中の筋肉が使えるようになるので、正しい姿勢を意識しなくても自然ときれいな串だんごバランスになります。

耳の下、わきの下、お腹の横に空間ができて、背中に健康的なS字カーブが戻れば、ウエストの後ろに手のひらが入るくらいの空間も生まれます。体がスラリと伸びてあちこちに空間ができてくると、360度どこから見てもスキのない女性らしい体型に戻ります。

本原稿は、森 拓郎著『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』からの抜粋です。この本では、1日5分4週間で、気になる顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕がスッキリほっそり変わるエクササイズを紹介しています。リブトレで、これまでノーマークだったろっ骨を整えて、おうちで簡単にくびれボディを目指してみませんか?(次回へ続く)