1日5分4週間で、顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕が、スッキリほっそり!
“ろっ骨美人”になると、すべてが動き出す!
運動不足や太りすぎでボディラインがくずれたと思ってダイエットしても、9割の人はスタイルがよくなりません。スマホやパソコンの影響に加えて、ステイホームやテレワークで前かがみの姿勢をとる時間が長くなったせいで、ろっ骨がゆがんでいる人がほとんどだからです。ろっ骨が傾いたり開いたりしていると、脂肪がなくても、ウエストはくびれることができません。
ボディメイクの達人・森拓郎最新刊『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』では、自分で簡単に、ろっ骨を締めて正しい向きに矯正するストレッチとエクササイズを紹介しています。

【テレビ「土曜はナニする!?」で話題!】<br />むくみが消えて、鎖骨が浮き出る!<br />リブトレでくびれができる理由Photo: Adobe Stock

太って見えるのは
むくんでいただけかもしれない

体重はあまり変わっていないのに以前と比べて顔が大きくなった、二の腕が太くなった、ブラのはみ肉が気になりはじめたという人もいるでしょう。これは筋力が低下したせいで姿勢が悪化し、ろっ骨がゆがみ、むくみが起きていると考えていいでしょう。

ムキムキになるほど筋肉を鍛える必要はありませんが、最低限、きれいな串だんごの姿勢(第4回「ボディメイクのカリスマが断言! 埋もれたくびれを掘り起こす極意とは?」参照)をキープできるだけの筋力は必要です。とはいえ、座っていることが多い現代の生活では姿勢をキープするだけの筋力さえ衰えがちです。これに輪をかけてリモートワークが進んだりステイホームが長引くことで、以前にも増して座っている時間が長くなった人も多いのではないでしょうか。このまま放っておくと体の衰えからは逃れられません。

座り仕事でむくんだ脚は横になれば自然に戻りますが、骨格のゆがみが起こすむくみは放っておいても悪化していく一方なのです。

骨格が変わって
埋もれた鎖骨も浮き出てくる!

ろっ骨が矯正されると何が起きるか?

ろっ骨だけでなく、ろっ骨につながる骨も本来の居場所に戻るので、ゆがみによってせき止められていた血液とリンパ液の流れがよくなり、むくみが解消していきます。

筋肉の中にはたくさんの毛細血管があり、リンパ液も流れています。そのため、骨格がゆがんで筋肉がちぢこまると血液とリンパ液両方の流れが悪くなり、筋肉が水分で膨張してむくみます。

ちぢこまった筋肉をストレッチでほぐし、適度なトレーニングで動かすことは、筋肉中の水分の通りをよくすることにつながります。むくみが消えれば埋もれた鎖骨も浮き出てきますよ。

本原稿は、森 拓郎著『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』からの抜粋です。この本では、1日5分4週間で、気になる顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕がスッキリほっそり変わるエクササイズを紹介しています。リブトレで、これまでノーマークだったろっ骨を整えて、おうちで簡単にくびれボディを目指してみませんか?(次回へ続く)