関節リウマチ治療薬・ウパダシチニブが、アトピー性皮膚炎にも有効か写真はイメージです Photo:PIXTA

 関節リウマチ(RA)の治療薬であるウパダシチニブが、RAと同様に免疫系の疾患であるアトピー性皮膚炎にも有効である可能性を示した2件の第3相臨床試験の結果が報告された。中等症から重症のアトピー性皮膚炎患者を対象に実施されたこれらの臨床試験では、ウパダシチニブ使用後に症状の有意かつ速やかな改善が認められたという。米マウントサイナイ・アイカーン医科大学皮膚科学教授のEmma Guttman-Yassky氏らによるこの研究は、「The Lancet」に5月20日掲載された。

 今回報告された2件の臨床試験(Measure Up 1とMeasure Up 2)には、12~17歳の思春期の若者、および18~75歳の成人のアトピー性皮膚炎患者1,683人が組み入れられた。対象者は、Measure Up 1では2018年8月13日~2019年12月23日の間に、Measure Up 2では2018年7月27日~2020年1月17日の間に、ウパダシチニブを15mg/日投与する群と30mg/日投与する群、プラセボを投与する群に1対1対1の割合でランダムに割り付けられた。アトピー性皮膚炎については、重症度と広がりを評価するEASIスコアと重症度の総合評価であるvIGA-ADスコアにより評価した。主要評価項目は両試験とも、投与から16週目の時点で、1)EASIスコアが、試験開始時と比べて75%以上改善した患者の割合、2)vIGA-ADスコアが試験開始時と比べて2グレード以上減少して0(消退)または1(ほぼ消退)を達成した患者の割合であった。