【論破王】ひろゆきの教え「年間100万円の貯金ができない人は非常にマズい」ひろゆき氏(撮影:榊智朗)

現在、テレビやYouTubeで圧倒的な人気を集める、ひろゆき氏。
20万部を突破したベストセラー1%の努力』では、その考え方について深く掘り下げ、人生のターニングポイントでどのような判断をして、いかに彼が今のポジションを築き上げてきたのかを明らかに語った。
この記事では、ひろゆき氏に気になる質問をぶつけてみた。

「絶対にお金が貯まらない人」の考え方

――いま「お金」や「投資」の本がすごく売れています。自粛期間中に家計を見直す人も多かったと思います。どのように見直せばいいと思いますか?

ひろゆき氏:1つ1つ家賃や食費、スマホ代、駐車場代……、と見直していく人が多いと思います。でも、チマチマ考えるよりザックリと大きく考えることが大事じゃないでしょうか。

――どういうことですか?

ひろゆき氏:ハッキリ結論だけを言ってしまうと、「年間100万円の貯金ができていない人」はヤバいです。そして、100万円を貯めるためには、月8万円を天引きして残しておくか、ボーナスを丸々すべて残しておくか。この2つが手っ取り早い方法です。

 これって、年収がいくらかは関係ありません。たとえば、年収400万円で貯金ゼロだとしましょう。そういう人は、こんなことを言いがちです。

「いま、年収が500万円になったら、100万円が余って貯金できるのに……」

 まさにこれが、お金が貯まらない人の考え方です。年収400万円で貯金できない人は、年収500万円でも貯金できません。もっと言うと、年収1000万円になったとしても貯金できないでしょう。

「ちょっとだけ節約する人」の最悪の結末

――たしかに、そうかもしれません…。

ひろゆき氏:大事なのは、「今の年収から100万円を引いた額で生活をする」ということを徹底することです。それは、今すぐできます。極端な話、年収200万円だとしても、実家暮らしでカツカツの生活をしながら100万円の貯金を作ることだって可能ですよ

「先にお金をもらって、余ったら貯金する」という態度でいる限り、絶対にお金は貯まりません。「月8万円が引かれるんだ」「ボーナスには手をつけちゃいけないんだ」というところから逆算する必要があります。

 そして、社会人になったんなら、それくらいやろうよ? という話です。少しだけ食費を削ったり、スマホ代を安くしても、すぐに他の部分でお金を使ってしまうのがオチです。

昨日は節約したから、今日はちょっと贅沢をしよう♪」と、プラマイでゼロにしてしまう最悪のパターンもあります。こういう人は、ダイエットもサボりますし、勉強だって続きません。根底はどれも同じです

 たかが100万円と思うかもしれませんが、それすらできない人は、他のことでも失敗する可能性は非常に高いです。ぜひ、一度、見直してみてください。