オリンピックは「スポーツを介した戦争」

 こういうマスコミの本質を知れば、五輪開催で「手の平返し」をするのも納得ではないか。

 オリンピック関係者は全力で否定をするだろうが、この国際イベントが美しい理念や建前をよそに、「スポーツを介した戦争」になっているのは否定できない事実だ。

 五輪憲章で「国家間のメダル競争」を禁じているにもかかわらず、日本のような一部の国はメダル獲得数をランキング形式で並べて「今、日本が世界一だ!」と浮かれる。日本だけではない。各国が、メダリストたちを「国家の英雄」として扱い、国威発揚やナショナリズム強化のシンボルとして、思いっきり政治利用している。

 この構図は、「戦争」以外の何ものでもない。だから煽れば煽るほど、メディアは儲かるのだ。

 今、スマホには朝から晩まで「日本人の初の金メダル!」と号外ニュースが流れてくるが、やっていることは、戦前の新聞が敵陣陥落の号外で売り上げを伸ばしていたこととそれほど変わらない。

 断っておくが、筆者は五輪反対という立場ではない。パラリンピックまでトラブルなく終わってほしいと願っているし、熱狂こそしていないものの、アスリートの方たちやその周囲の人々のこれまでの努力が報われるといい、と気持ちとしては応援もしている。

 ただひとつ、「戦争」と同じくマスコミが「商売」のために煽っているというこの構図が、後々マズいことを引き起こすのではないかと指摘したいだけだ。

 本来、マスコミというのは社会の構造的な問題を追求、検証をして、同じような過ちを繰り返させないという役目があるが、あまり深いところまで突っ込んでしまうと、自分たちが商売のために戦争を煽っていた事実が国民にバレる。だから、「それでも日本人は戦争を選ぶしかなかった」とか情緒的言葉で誤魔化して、戦争を煽った犯人が誰なのか、という問題を避け続けてきた。

 五輪でも、戦争報道と同じ問題が起きる。