ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

「NTTドコモからiPhoneは出るのか?」
素朴な疑問から浮かび上がる最大手キャリアの課題

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第37回】 2012年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 サービスの内容もよく分からないまま、安さにつられて何となく契約した消費者。ないしは予め自分のニーズを十分理解し、なおかつ一定以上のリーズナブルさを感じた消費者、つまりヘビーユーザー。この両者がNTTドコモのLTEに大挙して押しかける。仮にそうだとすると、早くも回線は混雑しはじめ、唯一最大の訴求点であったスループットが悪化するのは、もはや自明である。同社のLTEは、おそらくこうした悪循環に陥っているのではないか。

うまくやったKDDI

 これに比べて、マーケティング面でLTEサービスの立ち上げを最もうまく進めたのは、KDDIであるように見える。

 KDDIは、本来のLTEサービス開始のスケジュールを前倒しして、iPhone5投入に間に合わせた。しかも、LTE対応Android端末の周波数対応、基地局敷設のプラン、他の周波数帯のやりくり等を調整した結果、2.1GHz帯で提供されるLTEサービスに関しては、当面はiPhone5専用という状況を作り出した。

 また、iPhone5の主な顧客が集中し、従来のSBMの回線状況の悪さに最も不満を抱いていた、都市部(さらにいえば東京圏)にフォーカスして基地局整備を進めたのも、マーケティング的にはうまいやり方である。地方部では不満が募る向きもあるだろうが、需要の多いところから対策を講じ、そこで得た利益で需要の少ない地域も迅速に対応を進めるのが、商売の常道である。

 これらが奏功して、特に2.1GHz帯のLTEが利用できる環境下では、従来のSBMのiPhoneに比べ、劇的に快適という声が、あちこちで聞かれるようになった。

 KDDIは今回、iPhone5の登場に合わせ、LTEサービスの前倒しと最適化を進めた。消費者から見れば、LTEを使う理由がしっかりと提案されたことになるし、確かに他社に比べてそこには明確な理由がある。テザリング対応も含め、NTTドコモのLTE需要と、SBMのiPhone需要の両方を、草刈り場にすることができたということだ。

 もちろんKDDIも、需要逼迫でインフラ敷設が追いついておらず、LTEと3Gが頻繁に切り替わったり、特に鉄筋の建物の奥の方(マンションやオフィスの奥の部屋)では電波が届かないなどの課題は生じている。また2.1GHz帯のLTEも、当然だが未来永劫iPhone専用というわけではない。テザリング対応も、中長期的にはインフラへの負荷を高める。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧