短時間でコロナを検出し感染力も判定する「DNAセンサー」を米大学が開発写真はイメージです Photo:PIXTA

 前処理していない検体から、短時間で新型コロナウイルスを検出できるだけでなく、ウイルスが感染力を持つかどうかについても判定できる新たなDNAセンサーの開発に成功したことを、米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(UIUC)のAna Peinetti氏らが、「Science Advances」9月24日号に発表した。

 アプタマー・ナノポアセンサーと呼ばれるこのセンサーは、特定のウイルスと特異的に結合するDNA分子(アプタマー)と、ナノサイズの穴(ナノポア)をDNAが通過する際の電流変化で塩基配列を解読する高感度のナノポア技術を組み合わせて作られたもの。このセンサーは、ウイルスの認識だけでなく、そのウイルスの感染性も見極めることができるという。研究グループは、風邪の症状を引き起こすウイルスとして知られるアデノウイルスと、レンチウイルスの表面に新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を発現させたSARS-CoV-2シュードウイルスを含むさまざまな種類の水、唾液、血清を使って、このセンサーの性能を試した。なお、この検査法では、検査に当たっての検体の前処理は不要だという。