「この株は売り? それとも買い?」「儲かる株はどっち?」まるで投資シミュレーションのようにクイズを解きながら「株で勝つ技術」を身につける画期的な1冊『株トレ——世界一楽しい「一問一答」株の教科書』が発売された。著者は、ファンドマネジャー歴25年、2000億円超を運用してTOPIXを大幅に上回る好実績をあげたスペシャリストの窪田真之氏。何万回にも及ぶ膨大な数のトレードから確立した「トレードで勝つ技術」を1冊に凝縮した本書から、特別に一部を抜粋して紹介する。

株で負ける人は「株の売り時」を知らないPhoto: Adobe Stock

移動平均線を活用してトレードしよう

 移動平均線には、役に立つ情報がたっぷり詰まっています。移動平均には、5日移動平均・25日移動平均・13週移動平均・26週移動平均などがあります。

 5日や25日は短期トレードで使います。13週・26週は中長期のトレンドを見るのに使います。

株式投資のクイズに挑戦

 どちらも1年前に1000円で100株買ったら株価が急騰して一時1500円をつけて喜んでいました。ところが最近、株価は少し下がっています。

 どちらも、13週移動平均線が、26週移動平均線の上から下へ抜けていく「デッドクロス」が出つつあるところです。

 O社とP社、売るのはどっち?

O社とP社、売るのはどっち? どちらの会社の株も1年前に1000円で買った株です。O社とP社、売るべきはどっち? どちらの会社の株も1年前に1000円で買った株です。

【ポイント】デッドクロスとは?

 短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下へ抜けていくところを、デッドクロスと言います。株価が徐々に下落基調を強めるところで出ることが多いので、「売りシグナル」となることもあります。

 ただし、デッドクロスだけでは「だまし」もあり、私はそれだけでは信頼しません。