ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

昔楽しんだゲームの最新作を、親になっても安心して
子どもに与えてもらえる、そんなビジネスがしたい
――岩田 聡・任天堂社長インタビュー

石島照代 [ジャーナリスト]
【第35回】 2013年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
8

 ゲーム専用機悲観論ももちろん承知していますが、任天堂は世界中で億単位のお客様に使っていただけているゲームプラットフォームを長い間維持してきた会社です。昨年末にも「とびだせ どうぶつの森」のようなソフトをちゃんと出せて、2ヵ月で270万本売れて世の中にちゃんと認めていただけました。しかも、この中には、一般的にはスマートフォンで遊んでいると見なされている大人の女性のお客さんが多く含まれています。このように、私は大変さに対して報われることをいろんな場所で見つけています。

 だから早く、ゲーム専用機悲観論を払拭して、株価も業績も上昇させたい。本当にそうならないと、私は責任を果たしたことにならないと思っています。でも悲観している気持ちもないし、負担感が強いということもありません。前社長が「失意泰然、得意冷然」という言葉が好きだということを聞いたことがありますが、これは本当にその通りですよね。波がない娯楽ビジネスなんてないですから。波がないってことは流行がないっていうことです。そういう意味では、あまりそのことで一喜一憂しているわけではないですね。もちろん、今の業績でいいはずはありませんから、なんとかしますよ。

previous page
8
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧