船橋 僕がジョインした理由は、新しい取り組みを形にする官民協働プロジェクトだからです。これを文部科学省の他のプロジェクトや、さらには他の省庁にも横展開していきたい。すべての若者に多種多様な留学機会を与えたいですね。閣議決定された大規模プロジェクトに関われる機会は、そうそうあるものではないので、妥協せずにできることを全部やりたいと思っています。ゴールやビジョンは今まさに作っている最中なので、このまっさらな状態から一緒に作ってみたい方は大歓迎です。

 国家プロジェクトは、民間だけではできない大きなことができますし、この経験は今後のバリューになるはずです。これは、10年15年に一度しかないような大きなチャンス。でも、それを歴史に残るプロジェクトにするのは、これからの僕たちの頑張り次第。多くの人を巻き込み、エポックメイキングな事業にしたいと思っています。

 そのくらい歴史的にも社会的にも影響が大きい事業ということですね。

船橋 そうですね。「トビタテ!留学JAPAN」プロジェクトを通して、ヤング・グローバル・リーダーをたくさん輩出できれば嬉しいです。

 それでは最後に、この記事を読んでくださっている、プロジェクトの公募に応募したいと考えている方と、子どもを持つ親御さんにメッセージをお願いします。

船橋 まず、お子さんを持つ親御さんに対するメッセージとしては、「トビタテ!留学JAPAN」は、個々の価値観や視野を広げて人生を豊かにするための選択肢であり、可能性を知る機会、そして就職に有利な留学プログラムと言えます。企業が求めるグローバル人材へと育てますので、ぜひ期待していただきたいですし、周りの皆さんへも伝えてほしいです。私たちも、多くの人を巻き込みながらとにかく発信していきますので、留学の公募が始まったら応募していただけると幸いです。

 プロジェクトメンバーの公募に応募したいと考えている方に伝えたいのは、このような国家プロジェクトに携われる機会というのは滅多にないということ。最初の数年間にどれだけロールモデルとなる学生を輩出できるかによって数年先のプロジェクトの位置づけが変わります。ぜひ一緒にエポックメイキングな事業を作り上げましょう。


◆関連リンク
「トビタテ!留学JAPAN」プロジェクトメンバー公募概要はこちら

 


<新刊書籍のご案内>

ともに戦える「仲間」のつくり方

「何をやるか」ではなく
「誰とやるか」で物事は決まる!

「自分には起業は向いていなかったのではないか――」
廃業寸前まで追い詰められた
若きベンチャー起業家が気づいた、
「仲間」とともに成長するための
「7つのカギ」とは。

<最新情報、こちらの公式ページで発信中です!>

ご購入はこちらから! [Amazon.co.jp] [紀伊國屋書店BookWeb] [楽天ブックス]