目標を決めたときは、もっともテンションが高いときだ。少しの無理ならいとわないくらいだろう。でも、するべきことは日々の中にある。だからこそ、目標を立てて1ヵ月たった頃がある意味で良いタイミングともいえる。できなかった理由ももうわかっていて、少しテンションが落ちたくらいの今、改めて「本当にできること」を分析しなおしてみよう。

 スポーツをするときに、準備運動をしてからでないと怪我をしやすくなるのと同じ。目標に向かっていくときも、いきなりギアをふみこむより、エンジンをふかして体をあたためてからの方が良いのかもしれない。最初からできたらそれにこしたことはないけれど、できなかったことができるようになる、というのは何歳になってもうれしいもの。突っ込みどころ満載な栄養士のリアルケースも、少しは参考になれば幸いだ。


◆編集部からのお知らせ◆

太り気味の男性は集中力が足りない!?
『オトコを上げる食事塾』の著者・笠井奈津子さんの新刊『気が散る男はすぐ太る』が好評発売中!

忙しいビジネスマンこそ必見の“出世に効く食事力”。頑張っている人に読んでほしい1冊です。