入社3年で「社員の士気」は急降下!
年齢で異なる「風通し」「士気」の感じ方

 さて、今回の調査では、各社員の在籍企業に対する「風通しの良さ」と「社員の士気」に対する評価を、年齢別に平均値を出して、集計しています。それをみていくと、「風通しの良さ」「社員の士気」ともに、入社1年目で評価ポイントはピークを迎え、その後減少しています。

「風通しの良さ」については緩やかな減少ですが、一方の「社員の士気」は入社3年以内に大きく低下。なんと22歳では3.25ポイント以上あったにもかかわらず、25歳で2.9ポイントに急落しているのです。その後は、大きく落ちることはなく、2.8ポイントから2.9ポイントの間を推移しています。

若手のやる気を摘まない職場はどこ!?<br />社風の良い業界・企業ランキング

 厳しい就職戦線を勝ち抜き、晴れて入社した企業で期待を抱いている新入社員は少なくないでしょう。最初は「何でも意見を言ってくれ」と言われ、「みんなとってもいい人ばかり」「風通しが良い」と思っていても、実際には若手が意見を言うことを快く思わない人がいたり…という社内事情に社歴が長くなるほど気がつきます。また、士気を高く持って仕事に臨もうとしていても、やりたいことへの障害、社内事情などの壁に自然と気がつき、士気が下がってしまうのが入社3年を過ぎた25歳の時期なのかもしれません。

 新人時代を過ぎても、社員が「風通しの良さ」と「社員の士気の高さ」を感じられる。そんな社風を持っている企業であれば、社員と共にいつまでも成長していけるのではないでしょうか。