最新刊となる拙書『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』にも書かせていただいたが、食は、好循環サイクルのきっかけとなりえるものの“ひとつ”だ。

 食事が変われば、体調が変わる
 体調が変われば、モチベーションが変わる
 モチベーションが変われば、体型が変わる
 体型が変われば、身に着けるものが変わる
 身に着けるものが変われば、所作 が変わる
 所作が変われば、周りの認知が変わる
 周りの認知が変われば、自分が変わる

 こうしたサイクルが自分の中にあれば、毎日はどれほど楽になるだろうか。意志だけでモチベーションを変えようとするには、疲れすぎていたり、諦めることを覚えすぎてしまっているかもしれない。そして、今から周りの認知や評価を変えてもらうには、少し長く生きてしまっているかもしれない。でも、何かが回転しはじめれば、おのずといろいろなことが変わってくる。

 この瞬間に10歳若返ることはできなくても、今を維持さえすれば、10年後には「同級生や同期の誰よりも若々しく見える自分」になっているかもしれない。


「食べないダイエット」は若さを奪っていた!?<br />コンビニ食でできる老化を防ぐ食習慣

◆編集部からのお知らせ◆

『オトコを上げる食事塾』の著者・笠井奈津子さんの新刊『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』が好評発売中!

容姿だけじゃない!脳の働き、人生までが「食」で劇的に変わる!
カウンセリングで1万通り以上のビジネスパーソンの食事をみてきた人気栄養士が語る10年後も見た目を維持するための“食べ方の基本”を紹介します。