経営 X 人事
内定者フォローで学生を囲い込め!
【第3回】 2014年9月18日
著者・コラム紹介 バックナンバー
間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

「内定が出ても就活を続けていた」
そんな学生たちを入社させた内定者フォローの秘密

毎月課題を提出させ
コメントをつけて返送した

 さて、A社ではどのような内定フォローのやり方をしているのでしょうか。

 その手法はいたってシンプルで、月一回、内定者に課題を提出させ、それに対して人事部の採用担当者がコメントを書いて返送するというものです。

前回書いた、仕事と会社について語り、コミュニケーションを図ることを、課題(=手紙)という媒体を通して行っているのです。

 この手法について、新入社員はどのように評価しているのでしょうか。

ナカヤマさん
 「初めは、何のためにこれをやるのかがわからなくて、毎月、文章を書くのは面倒だな、と思っていました。でも、担当の方が書いてくれるコメントを読むのが、だんだん楽しくなり、励みになりました」

スドウくん
 「毎月、提出期限が決められているのですが、それを守れず、遅れて出したことがありました。担当の方からのコメントには、“これはビジネス文書だから、遅れてはいけない”と書かれていました。今考えると、怒ってくれる人がいてよかった、と思います」

 驚いたのは、ヤマダくんの話です。

ヤマダくん
 「わたしは、このやりとりがなければ、この会社には入っていなかったかもしれません」

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


内定者フォローで学生を囲い込め!

景気の好転、企業収益の回復基調にあって、企業の採用意欲が復活している。新卒採用は、学生側からすると「就職難」から一転、「売り手市場」化した観もある。それだけに、大企業の秋採用開始を控えた今、内定者の囲い込みは、人事部門、採用担当にとっては例年にも増して重要な課題だろう。本連載では、内定者フォローの意義と、その手法について、解説する。

「内定者フォローで学生を囲い込め!」

⇒バックナンバー一覧