退職者と現職者をわけるもの
「月間残業時間」の差は6時間も!

 さて、グーグルやP&Gといった人気企業でも、退職者が出ているのは事実です。様々な理由があるため一概には言えませんが、一般的に現職者と退職者を分ける要素はどこにあるのでしょうか?

「Vorkers」に投稿された現職者と退職者のデータの差異を分析したところ、大きな差となったのは、「残業時間」でした。なんと、現職者では月間残業時間の平均が45.01時間だったのに対し、退職者では51.43時間と約6時間もの差があったのです。

 さらに月間残業時間別の構成比をみると、「150時間以上」では現職者が36.18%に対し退職者は63.82%。「100~150時間未満」では、現職者39.63%、退職者60.37%と残業時間が長くなるほど、退職者の割合が高まっています。

 有給取得率については、現職者42.4%に対し退職者41.3%と大きな差はなく、やはり残業時間が退職の大きな原因であるのは間違いなさそうです。

 ワークライフバランスが叫ばれて久しくなりましたが、女性も男性も子育てや介護をしながら働く時代です。やはり1日の労働時間が長くなりすぎれば、家庭と仕事を両立させるのは極めて困難になります。そこで、退職を選ばざるを得ない優秀な社員が増えれば、せっかく教育した社員を失うわけですから企業としても損失は大きいはずです。

 有効求人倍率も22年ぶりの高水準で人材確保が難しい昨今。より企業側は「在籍して良い企業」を目指して、対策を施すことが大切ではないでしょうか。