これはビジネスも同じです。日本の国内市場は縮小していますが、企業は海外に出るのに苦労しています。それを変えるには、行動やふるまい方も含め、マインドセットを新しくしないといけません。

──思考の根本を変えるのは簡単ではないですよね。

 何よりまず、大きな目的がないといけません。我々が取り組んできたのは、日本人が誇りに思えるチームを作ることです。

 他の国のコピーではなく、日本独自の戦い方を作り上げることです。それは日常の全ての行動を通して、変えていくものです。単に「マインドセットを変える」と言うだけでは何も産まれません。

 取り組んだことの一つは朝5時に練習を始める「ヘッドスタート」です。世界の誰もが寝ている時間に仕事に取り組み、前に進むという意味があります。それが結果につながり、自信になっていきます。 

スペインのサッカーと似ている

──日本独自の戦い方とは?

 例えばiPodはビジネスで成功していますが、それは製品がすごくユニークだったからです。だから、みんながコピーをしたのですが、それではiPodより良いものは生まれません。ラグビーでも同じで、一番良いものを真似てコピーするのではなく、今ある資源を最大限活用するのが大事です。

 例えば、日本人は身体が小さいので、パスの回数を増やし、スペースを作ることが大事です。それが、私が提唱する「JAPAN WAY」というスタイルの根本です。

 もう一つ「モダン武士道」という準備方法も取り入れました。ハードワークと規律を重要視し、スポーツ科学も取り入れています。要は1日に5時間も6時間も練習するのではなく、もっとスマートにトレーニングをするのです。