しかし、これでは企業内人事部門の自己否定だ。企業内人事部門の人件費よりはるかに低廉なコストで、人事事務を請け負うアウトソース会社を探すことに苦労しないからだ。

 また、企業にとって最も重要なものを喪失してしまっている。能力開発施策を売上増大や収益力強化などのビジネス伸展と連関させる取り組みである。ビジネス伸展を図るためには、業績管理、能力開発、人事評価、人的資源の最適化の連動が不可欠だ。にもかかわらず、能力開発施策をビジネス部門へ移管してしまうことにより、これらの連動の難易度が著しく上がってしまう。

 わが国の人事部門に、極小化された人員ではあるが、能力開発業務を担い、業績管理、人事評価、ひいては人的資源の最適化という人事部門がビジネス伸展のために果たす本来の役割を、再び担うことを期待しているのは、私だけであろうか。

※社名や個人名は全て仮名です