筆者 よくあるパターンと言えるでしょうね。

会社の対応は裁きになっていない
「事なかれ主義」は大いに問題

設楽 組織として「なかったことにする」という姿勢で動くのが、対応としては最も好ましくない。

筆者 女性の自尊心を傷つけるのでしょうね。

設楽 会社は男性に謝罪文を書かせて、それを女性に見せたようです。そのことは、人事部やコンプライアンス委員会だけしか知らない。社内には、公式な形で発表されていないのです。社員たちは、知る術がない。

筆者 この女性はおそらく、その曖昧な決着を受け入れなかったのではないでしょうか。

設楽 その通り。女性は許せなかったのだろうね。「社員らには会社としてきちんと伝えないのか」「男性に対する処罰はないのか」と、怒りと疑問を感じたようです。

 無理もないでしょう。確かに会社の対応は裁きになっていないのです。「なかったことにした」ことは、大いに問題ですよ。しかし我々ユニオンとしては、「男性を解雇にしろ」といった処分まで求めるのは、好ましくないとは女性に伝えたのです。そして、「あなたに非はないのだから、社内では堂々としていればいい」と話したのです。

 女性は、「そんなことはできない」と答えたようです。そこで、女性は人事部やコンプライアンス委員会に、意見書を提出したのです。そして、厚生労働省の雇用均等室に話を持っていくとまで言い始めたのです。

筆者 厚生労働省の雇用均等室は、私も取材を何度かしました。労働基準監督署や労政事務所などと比べると、セクハラには厳しい姿勢で会社に臨みますね。会社は警戒するでしょう。

設楽 会社は、ようやくうろたえるようになったみたいです。女性には、「行かないでほしい。会社から、人事部などが雇用均等室に出向く」と答えたようです。結局、雇用均等室から会社側は厳しく言われたそうですね。

>>後編『管理職のセクハラ事件を闇に葬る企業の杜撰(下)』に続きます。

>>後編『管理職のセクハラ事件を闇に葬る企業の杜撰(下)』を読む