酒席 太郎
 学問の神様「湯島天神」にあやかり「しゅせき」。それでいて「首」ならぬ「酒」を当てる粋がなんとも心憎い。

 女将の浅野ゆき子さん(68歳)は「主人が出かけている間に、と始めた素人商売。お客さんに教えられながら、気がついたら25年」と微笑む。ご主人は“講談の人間国宝”一龍斉貞水師匠だ。

 女将の気取らない人柄そのままに下町の家庭料理が売り。「銀むつ煮付」は厚みが5センチメートルもある切り身で、飴色に煮付けられながらほろりと崩れる白身は淡白で上品。

 「手作りさつまあげ」は揚げたてでふっくら。「ハスの天ぷら」はざっくりしておおらか。「長屋ステーキ」は肉の代わりにポテトを使用。これからは「山菜の天ぷら」など季節を先取りしたメニューが並ぶ。

 「魚介、野菜料理すべてが手づくりで絶品。アットホームな雰囲気もよく、会社の同僚と誘い合って立ち寄ります」と兼坂さん。

推薦者
兼坂省一さん(43歳)
ヨネックス 製商品開発部課長

アクセスマップ
酒席 太郎
東京都文京区湯島3-32-3
TEL03-3837-9007
営業時間:17:30~22:30(LO) 日曜・祝日休 24席
お品書き●銀むつ煮付/1300円●手作りさつまあげ/650円●長屋ステーキ/750円●ハスの天ぷら/1300円●刺し身/800円~●日本酒(2合)700円~●焼酎(ボトル)/2500円~

(店舗情報は2008年2月時点のものです)