部下のミスを減らしつつ、
モチベーションをアップさせるには?

 ちなみにSさんの上司に話を聞くと、蒸し返しているのではなく、合理的に指導をしているだけとの認識のようです。詳しく尋ねてみると、

「ミスをするのには原因があります。その原因を排除するため、過去のミスと関連づけて注意しているつもりです」

 と説明してくれました。ミスをなくすための指導法の一環。部下を細かくみて指導している証が、過去を振り返って注意する行為なのだそうです。モチベーションを下げる意図はない、とも答えてくれました。

 ただ、これによって部下のSさんのモチベーションを下げているのは事実。どうしたら部下のミスを減らしつつ、モチベーションを上げることができるのでしょうか。

 やはりまずは、過去のミスを蒸し返す行為はモチベーションを下げると上司がしっかり理解することが大切です。そして、蒸し返すのであればミスだけでなく、素晴らしかった行為についても振り返って言及すべきでしょう。

 前出のマイナビの調査で、「上司の行動でモチベーションアップしたことはあるか」との質問には、49.0%が「ある」と回答。最も多かったのは「頑張ったところを褒めてくれるところ」という声でした。しかも単に褒めるだけでなく、 「真面目に取り組んでいる点を評価してくれた」 「些細なことでも褒めてくれた」経験は、部下にとって心の支えになるのです。

 過去のことを蒸し返すなら「アメとムチ」のバランスも考えるべき。そう指導していけば、部下のモチベーションは下がるどころか、きっと上がっていくことでしょう。