また最終選考は、社会人であればなかなか会えない社長や役員などと話をする機会でもありです。選考中にどうしても気になった点や、明らかに自分とは色が違いすぎるなどを感じた上での辞退であればいざ知らず(それでも経験として選考を受けることを勧めていますが)、ただ単に「内定を断る恐怖」からの辞退は非常にもったいないことです。

 もう1つは覚悟です。そもそも最終選考では「働く覚悟」「成長する覚悟」も判断基準とされます。既に書類選考も複数回の面接を経て最終選考に来ているのです。または自社の色に合う人物なのか、役員や社長が直に判断しています。こういった場で覚悟を示せるかどうかも就活では重要になってきます。覚悟を決めるというイベントを乗り越えないと、難関企業などの倍率が高い企業の内定に手が届かなくなります。

「覚悟が決められない」「断るのが面倒」という状態で就活を進める学生は、就職活動自体を楽しめなくなります。実際に私自身が都道府県主催の就職支援セミナーをした時に最も印象に残ったのも「覚悟」についてでした。覚悟というと重く感じられるものの、実際に言語化してみると上手くいく学生も多く、就職活動についてマイナス要因を抱えすぎることがいかに自身にブレーキをかけてしまうかを考えさせられます。

 様々な要因で就職活動について悩む学生が多く、売り手市場でも短期決戦でも最終的には自分自身の考え方が将来を決めていきます。他者に答えを求めるという考え方も自分自身の考え方かもしれません。しかし、価値観や成功失敗までを相手に渡してしまうのではなく、失敗も含めた就職活動を入社後、ひいては将来の自分の財産として活かしてほしいと思います。

 私たち大人も知らないうちに様々な不安や恐怖から行動にブレーキをかけてしまっているかもしれません。ですから、就活生や学生に相談された時は、そんな自分の考え方を見直す良い機会にしてはいかがでしょうか。

(櫻井樹吏)