経営 X 人事
なぜ職場で人が育たなくなったのか
【第15回】 2010年9月14日
著者・コラム紹介 バックナンバー
間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

会社選びを飲み屋選び並みに安直にした
「ネット就職」の功罪を考える

 自分の一生を左右するかもしれない就職先選びは、昨今このようにグルメサイトで飲み屋に予約を入れるのと同じ要領で進められます。

 このように手軽な仕組みが手軽に使われるのは、「ダメなら辞めて他をあたればいいや」という意識であるからかもしれません。というより、手軽な仕組みによる手軽な職選びが、早期離職の一因になっているというのが正しいでしょうか。

 もちろん、便利な仕組みをインデックスとして活用し、就職サイト上の情報をさらに深堀りする学生もいることでしょう。興味を持った企業のOBに会いに行ったり、創業者についての著作を読んだり、というように。

 最も有益で確かな情報は書かれたものではなく、人が持っている、ということを、教えられずとも知っている優秀な学生は現実にいます。人に会って、どこにも書かれていない情報を収集するには、かなりの労力が必要です。しかし、良い情報を得るには、それなりの労力がかかることは、就活に限らない真実ではないでしょうか?

学卒が即戦力であるはずがない

 いま、企業は「厳選採用」をしていると言われます。しかし、これは変な言葉です。なぜなら、採用は本来、厳選するべきものだからです。それは質の選択です。いま厳選と言われているのは、質ではなく量の問題です。採用抑制を別の言葉で言っているにすぎません。

 企業が真実、「厳選」するだけの見抜き力を持っているなら「数的厳選」をしてもいいのでしょうが、実際には見抜き力がないから早期離職が減らないわけです。しかも、「こんな会社だとは思っていなかった」という理由で3年以内に辞めていく若手が多いことを考えると、企業が事前に提供する情報も、不足していると思われます。

 企業に対しては、就職サイトでの情報提供だけではなく、もっとリアルな情報を数多く提供する場を持つことを勧めたいと思いますし、大学生には就職サイトに自閉した情報収集をやめ、人に会い、リアルな情報を集めてほしいと思います。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

関連記事

 

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


なぜ職場で人が育たなくなったのか

「なぜ職場で人が育たなくなったか」をテーマに、その背景と要因を考える。そして研究者や識者の知恵を借りながら、「職場で人が育つ方法」を提示していく。

「なぜ職場で人が育たなくなったのか」

⇒バックナンバー一覧