イトーヨーカ堂創業者・伊藤雅俊氏はじめ、<br />全国600社超から視察研修依頼が殺到!<br />人口4700人の温泉町で1日2万個のおはぎを売る<br />小さなスーパー「さいち」の秘密(前編) さとう・けいじ/1935年仙台市生まれ。「主婦の店 さいち」(株式会社佐市)代表取締役社長。経営のノウハウを無料で公開する姿勢を貫き、全国の大手チェーンなどから視察研修依頼が殺到している。

佐藤社長:いまでも思い出しますが、お惣菜を本気でやろうという気になっても、どういうものをやっていいのか、どういうふうに出したらいいのか、まったくわからないわけですよ。どこかの先生に教わることもできたでしょうが、当時はそんなことができる経済状態ではなかったんです。

 専務である女房といろいろ話して、とにかく自分たちが毎日つくって食べているものを出そうということになった。それが売れるとか、売れないとかではなくて、切羽詰まっていましたからやれることをやろうと。ただ、その考えは、当時としてはおかしかったわけですよ。

 自分のうちでつくれるお惣菜をわざわざお店で買うのか?同業者からも、「そんな商売は成り立たないよ」と言われていました。

 最初に出したお惣菜は、おにぎりでした。当時は、おにぎりなんて、わざわざスーパーで買って食べるものではありませんでした。メニューは3種類だけで、のり巻と味噌をつけたもの、それに梅干しを入れたものです。自分の家で簡単につくれるものですが、「さいちのおにぎりを食べてみたらおいしかった」と、徐々に口コミで評判が広がりました。

 お客様におだてられて、ここまで続けてこられたようなものです。

自分で考え、自分でつくれば
商品に愛情がわく

当時、お惣菜を売っているスーパーは、全国どこにもなかった。できるだけ人手を減らし、合理化して商品を安く提供するのが、スーパーだと考えられていたこともある。これに対してお惣菜は人手がかかる。