子どもへの連絡は固定電話ではなく、携帯電話やスマートフォンを持たせればいいだけです。子どもは携帯電話には出ることになりますが、番号が通知されている人からの電話です。

「はい、◯◯です」ではなく、「はーい」と名乗らずに出ればいいわけです。誰からの電話かは一目瞭然なので構える必要もありません。良い悪いではなく、そういう環境で彼らは育っているのです。

 新人研修や就職支援でも、先述のように電話対応については苦手意識、場合によっては恐怖心すら抱いている若者を多く見受けます。また、電話対応の仕方自体は頭に入っていたとしても、明るく元気に応対するとなると、切り替えられない場合もあります。自分では明るい声を意識しているものの、他者から見ると全く明るく聞こえない場合も。電話対応が新人にとって1つの課題となっているのです。

 これまでアルバイト経験などの中で電話対応をしたことがない若者や、新人研修などを特に設けていない企業では、この部分のフォローが非常に重要です。電話に出たがらない新人は、何も面倒臭がって電話を取らないわけではありません。

 ですので「いいから受話器を取れ!」と根性論で片付けるのも危険です。冗談ではなく、まずは電話機自体に慣れさせることから始めなければなりません。社内電話、内線、外線、あらゆることに慣れざるを得ない環境を作ることが大切です。

 単に経験が少ないがゆえに生まれる問題ですので、やり続けることでクリアできます。新人に気を使っていては、いつまで経っても彼らは恐怖心や苦手意識を克服できません。実は電話対応そのものよりも、苦手意識や恐怖心をクリアすることの方が重要な最も重要な問題なのです。

「『電話する』とメールしてから電話ください」
マイペースな若者は変えられるか

 苦手意識、恐怖心から行動しない背景には、自分のペースでやり続けたいという彼らの潜在的な思いがあるようです。

 学生であれば、アルバイトは自分のスケジュールに合わせて申請できます。就職活動を始める時期も自分で決めることができますし、極論で言えば学校を卒業するまで就職活動を始めなかったとしても特にペナルティはありません。家族からガミガミ言われることはあるでしょうが、その家族も「卒業して就職しない位なら専門学校に行きなさい」と就職を強制しないケースも少なくありません。

 就職支援をする中で、なかなか就職ができない若者の特徴としてよく見受けられるのが「自分のペースで就活を続けたいので」という考え方です。自分のペースが悪いわけではありません。自分のペースだと、変化に対応しにくくなることが問題なのです。