【第3回】 2011年9月6日 吉田典史 :ジャーナリスト

「くるまながされてる!しんじゃうよ たすけて」
愛する娘の“最期のメール”が語った避難体制の死角

――「原発の町」で娘の行方を捜し続けた父親のケース

有料会員になると記事の印刷機能がご利用いただけます。
詳細はこちら

秋の学びcキャンペーン、隂山手帳も先着で!