最下層からの成り上がり投資術!
2017年1月17日公開(2017年1月17日更新)
バックナンバー

「最下層からの成り上がり投資術!」

著者・コラム紹介

最下層からの成り上がり投資術!

藤井英敏 ふじい・ひでとし

カブ知恵代表取締役。日興證券、フィスコ等を経て05年にカブ知恵を設立。歯に衣着せぬ語り口が個人投資家に人気。雑誌「ザイ」をはじめ多方面に活躍中。

藤井 英敏

「トランプリスク」や「英国のEU強行離脱リスク」で
日経平均株価の上昇トレンド継続は「黄色信号」へ
そんな中、目先の株式市場で狙うべき銘柄とは?

 1月17日前場の日経平均株価が一時1万8849.06円と、心理的節目の1万9000円大台を割り込むなど、足元の東京株式市場は調整色が強まっています。今週は、1月20日に、「米国第一」を掲げるトランプ次期大統領の就任式を控えているため、世界的に、多くの投資家は様子見スタンスを崩せないのでしょう。

日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 なぜなら、トランプ氏は1月11日の記者会見で、大幅な減税策やインフラ投資には全く触れませんでした。一方、貿易不均衡の相手先として、中国、メキシコ、日本を名指しして、米国の貿易赤字に強い不満を示したからです。

 このため、トランプ氏が、就任演説で保護主義的な発言をするか否かに、市場は神経を尖らせています。

トランプ大統領就任後の不透明感から
世界中の投資家は様子見ムード

 トランプ氏は、米通商代表部(USTR)代表に、米鉄鋼業界と近く、中国に対してダンピングの制裁措置を繰り返し求めてきた、ロバート・ライトハイザー氏を指名しました。また、ホワイトハウスに通商政策の司令塔となる「国家通商会議」を新設します。よって、米国の対中通商政策が強行になることは、ほぼ間違いなさそうです。

 2015年の貿易赤字額は対中国が3670億ドルもあるのに対して、日本は689億ドル、メキシコは606億ドルにとどまっています。それでも、同盟国の日本も標的になる可能性があります。

 ご存知の通り、1月11日の会見で、トランプ氏は、工場をメキシコに移転して米国に逆輸入する企業に対しては「極めて重い国境税を支払うことになる」と重ねて表明しました。現時点においては、トランプ氏のいう「国境税」の詳細は不明ですが、「米議会共和党は、輸入への課税を強化し、輸出は税を減免する『国境税』の導入を検討している」とも伝わっています。つまり、米国で「国境税」実現の確度が高まっています。

 いずれにせよ、現時点において、トランプ次期政権の政策には不透明感が非常に強いです。就任演説に加え、例年2月初めまでに連邦議会に提出する、大統領自らが推し進めたい予算要求の「予算教書」の内容を見極めるまでは、引き続き、多くの投資家は様子見スタンスを崩すことはないでしょう。

 無論、就任演説で不透明感が払拭されれば、その限りではありません。ただし、残念ながら、現時点では、その確率は高くはなさそうです。

日経平均株価の上昇トレンドは
「青信号」から「黄色信号」へ

 なお、日経平均株価が本格的な調整入りする明確なサインは、株価指数先物・オプション16年12月物のSQ値1万8867.45円を終値で割り込むこととみています。終値でSQ値を割り込むまでは「強気」を継続し、割り込んだら「中立」または「弱気」にスタンスを引き下げるべきとの戦略に変更はありません。

 ただし、テクニカル的にみて現状は、SQ値を割り込む確率は高いとみています。なぜなら、足元の日経平均株価は25日移動平均線(1月16日現在1万9262.57円)を割り込んで推移しているからです。よって、25日移動平均線を上回るまでは、SQ値を割り込む確率は低下しないでしょう。
(※編集部注:記事執筆後の1月17日終値は1万8813.53円で、SQ値を割り込みました)

 ところで、25日移動平均線を下回っている理由は、「トランプリスク」以外に、メイ英首相が1月17日の演説で、EU単一市場からの撤退を表明すると複数の英メディアが報じたのをきっかけに、「英国のEU強硬離脱リスク」の高まったことが挙げられます。結果、外国為替市場では、リスク回避の円買いが加速しました。

 このように、足元、外部環境の不透明感が強まったことで円高に振れているため、投資家心理が委縮しています。

 前回当コラムで、「今回の上昇シリーズが終了したと感じたときは、迅速に買いポジションを縮小させるなど、リスク管理徹底してください。」と書きました。現時点では、日経平均株価は25日移動平均線を割り込んではいるものの、12月のSQ値は上回っています。このため、上昇トレンドは継続に関しては、「青信号」ではなく、「黄色信号」点灯中との認識です。

 これは、1月11日のトランプ氏の会見を受け、「トランプノミクス」への期待が徐々に後退し、日米株式相場の下振れや、ドル安・円高を警戒するべき状況に変化しつつあることが主因と考えます。

日経平均がSQ値を割り込むと調整のサイン
押し目は浅そうだが外国人が売りに回ったら要注意

 もし、日経平均株価がSQ値を割り込んだ場合、そのまま調整に入っていく可能性が高まります。気になるのは、どの程度の調整がくるのか、ということでしょう。

 逆張り大好き個人は、日本株を一貫して売り上がっています。1月第1週(1月4日~6日)の投資部門別株式売買動向で、個人は9週連続で売り越しました。9週間の売越額は累計3兆1049億円に達しています。

 また、1月第1週の新興企業向け株式市場で、個人投資家は2週連続で売り越しました。そして、個人投資家が日本株投信(追加型、上場投信を除く)の売却を進め、純資金流出入額は昨年12月、約4800億円の流出超と、14年11月以来、2年1カ月ぶりの大きさでした。

 さらに、16年に日本株の最大の買い手となった日銀は、年6兆円のペースで、ETFを買い入れます。つまり、待機資金は潤沢です。

 よって、調整があったとしても、押しは浅く済む可能性が高いとはみています。

 ですが、外国人が継続的に売り越しに転じてきたら話は別です。ちなみに、1月第1週、外国人は2326億円買い越し、2週連続の買い越しです。

 万が一、外国人が売り越しに転じてきたら、東京株式市場の下値不安が一気に高まるとみています。その場合は、日経平均株価の押しは深くなるとみておく必要があるでしょう。このため、外国人の売買動向には、これまで以上に注意を払っておくべきだと思います。

大型株より、円高の影響が少ない
内需系の指数非採用の小型株を狙え!

 このように、1月11日のトランプ氏の会見以降、外部環境が悪化しているため、目先は日経平均株価に採用されているような大型株は避けるべきでしょう。

 結論としては、円高の影響を受け難い、内需系の指数非採用の小型株を狙うべきだと思います。

 もちろん、外国人が日本株を大幅に売り越すような状況になり、日経平均株価がナイアガラになったら、内需系小型株も無事では済まないでしょう。しかし、日経平均株価が多少調整したとしても、急落ではなく、軟調なもみあい程度なら、短期資金の買いの回転が効き、アクティブ個人の相場の体感温度が下がることはないと考えます。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年2月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2288本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円
1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められる。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと 1日定額 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 797円/日

(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、投資信託を除けば、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 955本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2371本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。
「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

 

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事

 

Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株&10万円株
毎月分配投信大分析
老後資金1億円の罠

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【付録:ふるさと納税「定番」特産品ランキング】
守り高配当株攻め10万円株
●これからの銘柄選び投資配分の仕方
好調3投資信託に学ぶ負けない銘柄の選び方
●2016年の株式市場に学ぶ買いのタイミング
●守りの「株価も安定高配当株18」
●攻めの「自力で好調10万円株18」
●攻めの「景気に連動10万円株16」
毎月分配型投資信託の利回り&分配健全度
日本郵政マクドナルドの株大量売却報道に迫る
●プロが診断!読者の塩漬け株メッタ斬り
トランプでどうなる!? 米国株大予測
●投資信託の分散投資の正しい組み合わせ
老後資金1億円は本当に必要なのか!?
保険料通信費のガッツリ削減テク

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!