株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2017年4月24日公開(2017年6月21日更新)
バックナンバー

「株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!」

著者・コラム紹介

株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!

ザイ編集部

「次世代バイオ」株で2020年代の主役になる銘柄は?
世界的に注目される「バイオ」関連企業の中で、
創薬や個別化医療分野で勝ち組になる3銘柄を紹介!

バイオ医薬品は「次世代バイオ医薬品」の時代へ。新時代のバイオ業界を牽引する代表的な3銘柄を紹介!

4月21日(金)に発売されたダイヤモンド・ザイでは、「10年続くテーマに乗る! 『超』成長株46」と題した特集を掲載。短期的に注目されてすぐに終息するテーマではなく、長期的な成長見込みの持てるテーマと、その関連銘柄を紹介している。

今回は、高齢化の進行とともに年々注目度が上がっているテーマ、「ヘルスケア」をピックアップ。ヘルスケアで長期的な注目を集めるのはバイオ医薬品メーカーだ。バイオ医薬品メーカーの注目株3銘柄も、ダイヤモンド・ザイから抜粋して紹介していこう。

2017年はバイオ株への投資の好機になる!

 日本を筆頭に、今後は世界的に高齢化社会となり、ヘルスケア部門、特にその中心となる製薬銘柄の注目度はますます高まってくる。なかでも長期的に注目を集めるのは「バイオ関連」だ。

 というのも、すでに世界の流れはバイオ医薬品に傾いている。2015年の世界全体の医薬品売上高上位10品目のうち、8品目がバイオ薬だったし、バイオ医薬品の全世界での売上げは、2010年に900億ドルだったが、2015年には後続品も含めて1900億ドルと、2倍以上に拡大した。8000億ドルから8910億ドルと、11%増にとどまった従来医薬品(低分子医薬品・説明は後述)とは勢いが違うのだ。

 「2017年は、2020年代に活躍する次世代バイオ薬の主役が見えてくる年であり、そうした株に投資する絶好のタイミングです」

 こう語るのは、SBI証券のシニアアナリスト、岩田俊幸さん。バイオひと筋17年以上のベテランアナリストだ。ただ、一口にバイオ関連と言っても、何に投資すればいいのだろうか?

 「2000年頃から現在まで、バイオ薬品の主役は抗体薬品でしたが、2020年代以降は、特殊ペプチドを用いたものなど、次世代のバイオ薬品が主流になります。また、患者の遺伝子情報を基にした個別化医療がより重要になります」(岩田さん)

薬価を10分の1以下に下げる、次世代のバイオ薬が登場!?

 バイオ薬には難しそうなイメージがあるが、要は「体内にある物質で作った薬」だ。体外の化学物質で作った低分子医薬品は、その名の通り、分子が小さいぶんだけ吸収されやすく、効果が高い。ただ、治療を必要としない組織や細胞も傷つける恐れがあり、副作用のリスクも高い。

 その点、もともと体内にあるたんぱく質で作ったバイオ薬品は体に優しく、副作用が少ない。現在のバイオ薬品の主役は抗体薬。体の免疫システムの主役である抗体(糖タンパク分子)を主成分としたもので、従来のバイオ薬よりも効果が高く、副作用はさらに少ない。延命効果が高い画期的な抗がん剤として話題になった「オプジーボ」も、抗体薬だ。

 ただ、抗体薬にも欠点がある。一つは高価な点。オプジーボを1年間使用すると、体重にもよるが3500万円以上もかかる。これが問題となり、2016年11月、国は同薬の薬価の50%引き下げを決めた。おかげで、オプジーボの販売元の「小野薬品工業(4528)」の株価は、ピーク時の半値水準で推移している。財政難の折、国は薬価の引き下げに本気で、「医療コストを低下させる薬でないと認可が下りない方向に来ています」(岩田さん)。

 抗体薬の2番目の欠点は、分子が大きく細胞の中に入り込めないため、細胞内の標的(病気の原因となる物質)には手が出ないこと。「病気の原因の7割は細胞内にある」(岩田さん)ことから、この点は大きな欠点とされてきた。

 しかし、2020年代以降に主役になってくる見込みの次世代バイオ薬品は、細胞内の標的にも効果を発揮するため、これまでは治せなかった病気も治せるようになる可能性がある。しかも、抗体薬の10分の1以下という安価で販売できるものもあるため、開発した企業の株価は大いに上昇期待が持てることになる。

「特殊ペプチド薬」が今後の医薬品業界の主流になる!

 そんな夢のような次世代バイオ薬品を開発する企業に投資したいなら、「その会社の技術がどんな会社に評価されているかを見ればいい」(岩田さん)とのこと。

 岩田さんのイチオシは、「ペプチドリーム(4587)」だ。「ペプチドリーム」の技術を用いて薬の共同開発契約を締結している企業は17社あり、その中には世界最大手のノバルティスをはじめ、全世界の医薬品の売上高上位20社中10社が含まれている。なぜ、それほどまでに注目されているのか?

 「新薬の候補物質は、世界大手の会社でさえ数百万個しか持っていません。しかし、『ペプチドリーム』は、短時間で1兆個もの候補物質を作ることができます。2030年頃には、医薬品全体の3割程度が、同社の技術で作られた特殊ペプチド医薬品群になる可能性も。売上げに応じたロイヤルティも大いに期待できます」(岩田さん)

「遺伝子解析技術」「臨床試験」に強みを持つ2銘柄とは?

 患者一人ひとりに的確な治療を施す個別化医療は、医療費の抑制にも貢献する。そこで必要となるのが、遺伝子解析の技術を持つ企業だ。その一つが「栄研化学(4549)」である。すでに結核菌の遺伝子診断キットを発売し、今後は全自動小型遺伝子検査システムに注目が集まる。

 もう一つ注目したいのは、新薬候補の安全性や有効性を確認する前臨床試験の、日本における最古参かつ最大手である「新日本科学(2395)」。米国で、抗体薬の代替候補である「核酸医薬」の精度を高める技術を持つベンチャー企業を上場させて、含み益を増大させており、注目が集まっている。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年8月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2456本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 142本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1018本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券より割当のある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1048本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。投資信託の申込手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。投信積立、NISA・ジュニアNISAも対象。2017年6月1日(木)~7月31日(月)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2485本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!