勝ち組トレーダーによる投資コラム集
2017年7月27日公開(2017年12月4日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
吊られた男

インデックス投資では、取り崩し開始のタイミングで
大暴落が来ても大丈夫? リーマン・ショック時の
インデックスファンドの値動きもとに徹底検証!吊られた男・連載コラム【第2回】

インデックス投資で積み立てた資産は、市場全体の値動きと連動しているため、リーマン・ショックのような暴落時には資産価値を大きく減らしてしまう。そのため、「長年がんばって積み立てても、資産を売って現金化しようと思ったときに市場が暴落したら大損してしまう」と心配する人も。インデックス投資は、取り崩し期の暴落に弱いのだろうか? そんな疑問に答えるべく、吊られた男さんの連載第2回では、インデックス投資の取り崩しについて解説する。

【吊られた男さんの詳細記事はこちら!】
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!

最近、インデックス投資が
少しずつ広がっていることを実感

 先日,「インデックス投資ナイト」という1年に1度のイベントが開催されました。私は今回も含めて、ここ最近は登壇者として参加させていただいていますが、インデックス投資ナイトは今回で10回目ということで、10年も続いています。しかも、ただ続くだけではなく、開催するたびに内容がパワーアップして人気が出ています。

 インデックス投資ナイトには、登壇者として金融機関の方などが参加することもありますが、企画は全てただの個人投資家、さらに言うならばインデックス投資をしているブロガーたち数名で行われています。

 そんな素人企画のインデックス投資ナイトなのですが、年々人気となっていてチケットを購入することが大変という状況にまでなっています。今年も、発売開始から数分で完売だったとのこと。そこらの歌手のコンサートよりもチケット入手が困難になっている人気イベントになりました。

 また、私事ですが、この度はインデックス投資について書いた本を出させていただきました(ダイヤモンド社からではないので、大きく宣伝はできませんが)。日本においては、今までインデックス投資について、ただの投資家が単独で出版した本はなく、これが初のケースになるのではないでしょうか。不動産やFXや優待投資など、数多くの個人投資家が本を出されている中で、インデックス投資でそんなことは今までなかったのですが、ついに一歩を踏み出しました。

 このような動きを見ていると、インデックス投資が少しずつながらも広がってきていることを感じています。

 さらに、「iDeCo」「つみたてNISA」という、インデックス投資にとって非常に相性がいい制度が次々と導入されつつあります。iDeCoもつみたてNISAも金融庁の肝いりの制度であり、インデックス投資にとっては強烈な追い風です。

 このように、自発的にじわじわと広がりつつもあり、金融庁も後押しするインデックス投資ですが、この手の情報に特に敏感なのは30代~40代の働き盛りの現役世代、資産形成世代です。

 彼らは、これからかかるであろう生活費や教育費、そして20年や30年後にくる老後を見据えての資産形成をどうすればいいか、と真剣に考えています。そんな資産形成世代にとって、インデックス投資は、リスクがあるものの期待リターンはプラスであり、長期的にはそれになりにいい成績で終わる可能性が高いので合理的な判断です。

インデックス投資は、資産取り崩しのときに
大暴落が来ていたら大損する?

 しかし、そんなインデックス投資に対して、よく出てくる疑問の一つが、

 「資産を取り崩すタイミングで大暴落が来たらどうするの?

です。これは、疑問という生易しいものではなく、インデックス投資の欠点として指摘されることもあります。

 確かに、老後資金としてせっかく積み上げた資金があったとして、これがリーマン・ショックのような大暴落で半分まで減ってしまったら大ショックかもしれません

 「3000万円あったら楽しく老後が過ごせそうだ、2500万円でも大丈夫だな、2000万円でもまあ何とか」のように思っていたところで、大暴落が来て保有資産が1500万円まで下がってしまったらどうしましょう。長年かけて築き上げた資産が、あっという間に半額です。

 せっかくの楽しみにしていた海外旅行をできなくなるばかりか、普段の生活すら成り立たなくなってしまうかもしれません。

 インデックス投資の始め方についてはいろいろなところで書かれていますが、取り崩し時期について言及されているものはそう多くなく、「大暴落があったらどうするか」について書かれているようなものは、ほとんど目にしません。

 実際はどうなのでしょうか? インデックス投資は、資産取り崩し期に大暴落が来てしまったらダメな投資法なのでしょうか?

もし大暴落が来ても一時的なもの
徐々に資産を取り崩すなら心配無用

 結論を言うと、取り崩しを始めるタイミングで暴落が来ても、それほど心配する必要はありません

 投資信託に投資している以上、日々の値動きはあって当然です。晴れる日もあれば雨が降る日もあります。たとえ、大暴落が来て瞬間的に資産が半分になっても、今すぐ全部現金化するわけではありません。取り崩し期に入ったとしても、残った資金を運用していることは変わりません。その月に取り崩した部分を除いて、運用は続きます。

 止まない雨はなく、終わらない暴落はありません。ITバブル崩壊もリーマン・ショックも、永遠には下げ続けはしませんでした。20世紀のアメリカの大恐慌ですら、下がり続けたわけではありません(1930年代から2017年まで株価が下がり続けている世界を想像するだけでも怖いです)。

 暴落があっても、2〜3年もあれば下げ止まります。そこから急激に回復するか、少し時間がかかるかの違いはありますが、暴落の後には好調な相場が来ます。

 リーマン・ショックの後もまさにそうでした。

 私の投資資産も2007年から2009年にかけては大きく減りましたが、2012年末頃から一気に急上昇です。その結果、今ではそれなりのリターンとなっています。

 取り崩しをしている期間でも、保有している投資信託の値動きは同じです。徐々に取り崩していくとしても、相場に居続ければ暴落相場の後の好調相場に乗れます

 一時的に保有している投資信託の評価額が半額になったとしても、長期的には値を戻すかそれ以上になっていることもあるでしょう。むしろこれは控えめな表現で、それなりの期間保有し続けるのであれば、値を戻すかそれ以上になっている可能性が高いのです。

 日経平均株価を見ても、リーマン・ショック後の2009年には7000円を下回るところまで暴落しましたが、今では2万円です。日本の経済はダメだとか死んだとか、散々な言われようである日経平均株価ですら、これだけ値上がりしています。日経平均株価が8000円程度まで落ち込んだ時に資産が半分になっていたとしても、今の基準価額は当時の2.5倍です。

インデックス投資の取り崩しが
リーマン・ショックでどうなるかをシミュレーション

 とはいえ、上のようなことは理屈だけで語っても分かりにくいですね。以前に私のブログでも実際の投資信託を使ってシミュレーションしてみたことがありますが、最新のデータを使って、再度シミュレーションしてみましょう。リーマン・ショック前にまとまった資金を投資信託に投じていて、リーマン・ショックに突入というシナリオのシミュレーションです。

 シミュレーションに使う投資信託として、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(セゾン・バンガードGBF)を選びました。

 私自身は株へ投資するインデックスファンドがメインなのですが、世間一般では株式のみではなく債券などに分散する人も多いということで、シンプルに株式と債券が半々のこのファンドを選んでいます。特にリタイア後の資産取り崩し期ともなれば、リスクを低めにすることが多いと思いますので、株式と債券の比率が半々くらいがちょうど良さそうです。

 また、リ-マン・ショックを含めたシミュレーションですので、リーマン・ショックでの暴落経験がある投資信託である必要があるのですから、その前に運用が始まっている必要があります。2007年には設定されている投資信託を対象とした場合、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはこの基準を満たしています。

 そして、シミュレーションでは「3000万円の運用資産を毎月10万円ずつ取り崩していく運用」を想定してみました。3000万円を一切運用せずに10万円ずつ取り崩すと、25年 (300ヵ月) で0円になる想定です。60歳に取り崩しをスタートで85歳、65歳に取り崩しスタートで90歳と、まず妥当なところでしょう。

 では、約10年前の2017年1月から、3000万円をセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで運用し続けながら取り崩していたら、どうなっているでしょう?

リーマン・ショックという大暴落があっても
無リスク資産と遜色ない成績に

 2007年1月から直近の2017年6月までの期間で、資産を取り崩しながら運用した場合と一切運用しなかった場合、2つのケースの資産残高をグラフ化してみました。

 早々にリーマン・ショックが直撃しているだけに、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで運用していた場合は、急速に資産が減っています。2009年2月末には1681万円にまで減っています。一方、運用せずに取り崩していた場合、この時にはまだ2750万円が残っています。運用していた場合は、3000万円のうち1000万円以上を減らしてしまったことになります。

 しかし、リーマン・ショックが落ち着くと、運用側は頑張ります。

 2009年~2013年は好調相場は来ないものの、取り崩しを行いながらもそれほど大きく資産を減らさずに粘っています。そして、2013年に転機が来ました。2013年からは好調相場のターンです。

 資産運用をしていた場合、毎月10万円ずつ取り崩しているのに資産残高が増えていっています。取り崩すよりも早いペースで資産が増えているのです。その結果、2009年2月には1681万円だったのに、2017年6月末には2125万円に資産を増やしています。

 このシミュレーションでは、インデックス投資における取り崩しのタイミングに暴落が重なるという最悪に近いケースでも、暴落後の回復相場でリカバリーできていることが分かります。

 「資産を取り崩すタイミングで大暴落が来たらどうするの?」という質問は、暴落の瞬間という短期しか見ていません。確かに近年で一番の大暴落であるリーマン・ショックでは、瞬間的に資産は大きく減少しました。しかし、資産取り崩しも運用も、そこで終わりではなく続きます。暴落だけではなく、その後に来る好調相場まで考慮すれば、取り崩しのタイミングで近年最大の大暴落を受けていたとしても影響は軽微でした

 なお、数字を「3000万円を運用しながら毎月15万円ずつ取り崩す」であるとか、「4000万円を運用しながら毎月10万円ずつ取り崩す」のように、多少数字を変更しても同じ傾向でした。一応は、さまざまなケースをシミュレーションをしてみたのですが、あまりにも同じ傾向過ぎてグラフを載せるのは見送りました。

「積み立て期」も「取り崩し期」も
暴落に振り回される必要はない!

 「資産を取り崩すタイミングで大暴落が来たらどうするの?」

 最初に書いたこの問いへの答えは、シミュレーションの結果を見ても、「暴落の後には回復期が来ると思うから、粛々と投資を続けつつ取り崩す」となります。

 質問から想定される大暴落として近年最悪なリーマン・ショックですら問題なかったのですから、暴落をそれほど気にする必要は無いことがわかります

 インデックス投資は、資産形成期には「期待リターンがプラス」であるからこそ保有し続けていれば資産が増えていくという話ですが、「期待リターンがプラス」というのは取り崩しのタイミングでも非常に重要です。たとえ瞬間的に資産の評価額が下がることがあったとしても、長期的には回復することが期待されるので、資産形成期も取り崩し期も右往左往せず、肝を据えて長期保有をすることが重要になります。


著者:吊られた男さん
(『吊られた男の投資ブログ』:http://www.tsurao.com/)

大手外資系製薬会社でシステム系エンジニアとして働くかたわら、約10年前よりインデックス投資を開始し、その運用益1000万円以上に。『吊られた男の投資ブログ』は、運用銘柄から資産状況まで赤裸々に公開されており、インデックス投資家の間で広く読まれている。ちなみにHNは、タロットカードの「The Hanged Man」から。

2017年7月には、初の著書となる『毎月10分のチェックで1000万増やす!  庶民のためのズボラ投資』(ぱる出版)を上梓。

【過去の連載記事はこちら!】
【第1回】「アクティブファンドはインデックスに勝てない」という資産運用業界にとって不都合な事実。個人投資家はインデックスファンドのみでOK!
【吊られた男さんの投資手法などはこちら!】
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
【他のインデックス投資家さんのインタビュー記事】
資産運用のキモは積立+株価暴落時のスポット買い!リーマン・ショック後の大量買いで資産を増やしたインデックス投資家・虫とり小僧さんの手法を公開!
インデックスファンドとETFの二刀流で利益アップ!運用成績+40%超のインデックス投資家・kenz氏の資産配分とポートフォリオ、おすすめ銘柄を紹介!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2018年9月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 429本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/ 2632本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1141本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。2018年8月31日まで「Monex Advisor」で10万円以上の運用をはじめると、抽選でロボット掃除機などのスマート家電が当たるキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2634本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2500本超。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2018年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、11度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 845本
米国、中国、
欧州、アセアン
【おすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 180円 180円 0本
【おすすめポイント】
国内株式のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。新規口座開設で3カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

1日の約定代金10万円以下なら売買手数料は0円!
優待名人の桐谷さんもおすすめする、初心者にも
やさしい証券会社!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! 1日最大40万円まで手数料0円 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい株の儲けワザ
日・米株の激辛診断
NISA駆け込みガイド

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【常識にとらわれない新時代の必勝法!】

マネするだけでOKのラクワザ多数! 
新ワザで買う株68付き!新しい株の儲けワザ50
利回りで儲ける20のワザ
高配当ほど株価上昇
連続増配株急増中
隠れ優待株拾い方
値上がりで儲ける19のワザ
高ROEが儲かるウソ
半導体株こそ逆バリ
大阪株アツい
その他で儲ける11のワザ
IPO株非モテを狙え
手数料ゼロがカギ
男性下着が売れる株高

買っていい×買ってはいけない
人気の株500+Jリート14激辛診断
人気米国株100激辛診断
・NASDAQの高成長株35
・NYSEの国際優良株57
・ADRの世界の株

NISA2018年駆け込みガイド
桐谷さんの年末のNISA戦略

●「長寿投信」ベスト


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング