ダイヤモンドZAi最新記事
2018年2月5日公開(2018年2月5日更新)
バックナンバー
ザイ編集部

今年の確定申告は「医療費控除」で得する人が増加!
パブロンやナロンエースなどの医薬品代が控除される
「セルフメディケーション税制」で税金を取り戻そう

ダイヤモンド・ザイ3月号

「医療費控除」で得する人が増える、平成29年分の確定申告を解説! 新制度「セルフメディケーション税制」とは?

平成29年分の確定申告の提出期間は2月16日~3月15日。申告の必要がある人は、そろそろ準備を始めたいところだ。ダイヤモンド・ザイ3月号には、特集「入力画面掲載でわかりやすい!ネットでラクラク確定申告」を掲載。確定申告のポイントをわかりやすく解説している。

今回は、特集内で紹介している「医療費&市販薬代を多く支払った人の確定申告」を抜粋して紹介。払いすぎた税金を取り戻そう!(監修:日本中央会計事務所、代表取締役・青木寿幸さん、清藤雅仁さん)

夫婦共稼ぎの場合は、収入の多い方が申告を!

 病気やケガをして医療費を支払った場合、その1年間の合計が一定額を超えると、所得から控除することが認められている。これが「医療費控除」だ。

 医療費控除の対象は、所得が200万円以上の人なら10万円を超えた額、所得が200万円未満の人なら所得の5%を超えた額だ。

 医療費控除の最大のポイントは、納税者本人だけでなく、家族のために支払った医療費も控除の対象となること。

 ただし、家族といっても生計が別の子や親はNGだ。「生計を一にしている家族」というのが条件で、離れて暮らしていても、扶養している大学生の子や老親なら合算できる。また、夫婦共稼ぎの場合、原則として収入が多い方から控除したほうがお得だ。

 医療費控除は年末調整では対応してくれないので、会社員でも確定申告が必要だ。もし申告を忘れていたなら、5年前まで遡って申告できる。

病院や薬局のレシートを家中から集めよ!

 医療費控除の対象は「治療」「医師の指示によるもの」が対象。治療なら保険適用外の歯科診療や先端医療の費用もOK。処方薬はもちろん、市販薬もOKだ。医師の指示があれば、整骨院でのマッサージ費用や血圧計などの購入費用もOKとなる。

 逆に予防、健康増進、美容は対象外なので、予防接種やサプリメントの費用は認められない。子どもの歯の矯正はOKだが、大人の矯正は美容目的となるためNGだ。

 通院および付添人が使った交通費もOKだ。病状や交通事情でタクシー代も認められる。

 申告には病院や薬局のレシート、交通費のメモを整理し、「医療費の明細書」を作成しておく必要がある。

新制度で、「特定の薬」の購入額が一定以上なら控除対象に

 平成29年分の申告から、新たに「セルフメディケーション税制」という還付制度が加わった。医療費控除の「特例」として、施行される。

 ごく簡単に言うと、街の薬局で、特定の薬を1万2000円超買うと、税が控除されるしくみ。医療費控除が10万円超からということを考えると、ハードルが低い制度と言える。

 ただし条件が2つある。まず、対象となるのは「スイッチOTC医薬品」という薬に限られる。どの薬が該当するかは、厚労省のHPなどで公表されているが、手っ取り早いのは、薬の外箱を見ることだ。「税控除対象」のマークが付いているので、わかりやすい。またレシートでは、当該の薬名の頭に、所定の印(★や*など)が付いている。

 対象の薬は、平成29年11月時点で1700品目近くある。風邪薬のパブロンや頭痛薬のナロンエースなど、身近な薬が多数採用されているのだ。この特例によって、医療費控除の対象者は、かなり増えるだろう。

 もう1つの条件は、健康管理の取り組みを行なっていること。具体的には、取り組みの証拠として書類や領収書を、確定申告時に提出する必要がある。健康維持・増進の取り組みと見なされるものには、インフルエンザの予防接種や市区町村指定のがん検診、職場の定期健康診断、特定健康診査、人間ドックなどがある。提出は、納税者本人のものだけで家族分は必要ない。セルフメディケーション税制の適用を受けたいなら、健康診断など、普段から健康に心がけた生活が必要ということになる。

 なお、このセルフメディケーション税制の特例を利用すると、従来型の医療費控除は受けられない。どちらかお得なほうを選択しよう

もう一つの制度革新! 領収書の添付が不要に

 もう一つ、大きな制度変更がある。医療費控除の申告では必要だった、領収書の添付が不要になったのだ。提出するのは医療費の明細書だけでいい。ただし、領収書は5年間の保存が義務付けられる。税務署が求めた場合は適宜開示、提出しなければならないので、捨てたりせず、大事に保管しておこう。

【※関連記事はこちら!】
平成29年分からの「確定申告」の変更点を一挙紹介!給与所得控除の引き下げによる増税や、節税できる医療費控除の新制度、配当課税の裏ワザをチェック!
⇒確定申告で、払いすぎた税金を取り戻せる8つの事例!2017年にふるさと納税した人、医療費がかさんだ人、扶養家族が増えた人などは節税のチャンスあり!

確定申告のポイント解説はダイヤモンド・ザイ3月号でチェック!

ダイヤモンド・ザイ3月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の特集「入力画面掲載でわかりやすい!ネットでラクラク確定申告」から、「医療費&市販薬代を多く支払った人の確定申告」をピックアップした。同特集では、国税庁のサイトから確定申告をする方法を、実際の画面を表示しながらわかりやすく解説している。これから確定申告をする予定の人は、ぜひチェックしてみてほしい。

 なお、ダイヤモンド・ザイ3月号では「最強 日本株番付」を大特集! 「5万円株」「10万円株」「高配当株」「大型株」「中小型株」「新興株」「十両+幕下」という全7大番付の注目103銘柄を大公開している。ほかにも「日経平均株価はどこまで上がる!? 強気派VS弱気派 大バトル!」「日本株の最強『投信』番付2018」「つみたてNISAは好成績投信で始めなさい!」など、今月も儲かる情報が盛りだくさん。

 さらに、別冊付録は、各月のアノマリーや日銀会合、SQなどの予定や桐谷さんの株格言も載っている、全281銘柄掲載の「株主優待株+高配当株2018年カレンダー」だ。

ダイヤモンド・ザイ3月号は、全国の書店やアマゾン楽天ブックスにて好評発売中!

【送料無料で今すぐ購入!(10ページ以上の試し読みが可能)】
楽天ブックスでの購入はこちら!
アマゾンでの購入はこちら!

【今なら図書カード500円分をプレゼント!】【2年で5000円以上も得する定期購読で購入!】
ダイヤモンド・ザイ定期購読のお申し込みはこちら!
※関連記事⇒ダイヤモンド・ザイを一番安く買う方法とは? 最大約30%オフになる”裏ワザ”を紹介!

【ダイヤモンド・ザイ3月号からおすすめ記事をピックアップ!】
5万円以下で買える「最強の日本株」2銘柄を発表!「横綱」級の株価上昇が期待できる「パイオニア」は2万円台で投資できるので株初心者にもおすすめ!

2018年に爆上げする「大化け株」をアナリスト4人が大胆予測!昨年、株価が好調だった外食株の中では「一家ダイニングプロジェクト(9266)」に注目!

「株主優待+配当」利回りが高い株主優待株ベスト5!利回り47.93%で1位の「バイク王&カンパニー」は2万円台で投資できて、1万円分の優待券がもらえる!

日経平均株価は2年以内に「4万円」まで上昇する!日本企業の収益力改善、米国の法人税減税&高成長で2018年末に3万2000円、2020年に4万円との予測も!

2018年に株式市場で盛り上がる「7大テーマ」とは?大本命の「自動化・省力化」や、トヨタの“電動化”発表で本格化する「EV」関連銘柄に先回り投資を!

*ダイヤモンド・ザイ2018年3月号 好評発売中!
ダイヤモンド・ザイ最新号はこちら!
ダイヤモンド・ザイ 2018年3月号 1月20日(土)発売!)
ダイヤモンド・ザイ 2018年3月号 1月20日(土)発売!


ザイ3月号(定価730円)は女優・小西真奈美さんが表紙!
 

第1特集は「2018年に儲かる最強日本株」。プロ30人に取材し、そこからさらに厳選した2018年の出世株を、「5万円株」「高配当株」「大型株」など7つの番付に分けて、ズバッと推奨します。昨年、推奨した最強株」は、平均+53%上昇し、日経平均を30%も上回る成績を残しました。2018年の最強株もツワモノ揃い。ぜひご確認ください。
 

別冊付録は「株主優待&高配当カレンダー」。1~12月の権利確定月別目的別281銘柄も掲載! SQ日銀会合FOMC等、中上級者も満足スケジュール、さらに株の格言や、その月のアノマリーまで載っています。1年間使い倒せる充実の1冊です。

さらに、ネットを使ってカンタンにできる「確定申告」のやり方も。1月公開の新画面に早くも対応。トクする人が大幅に増えた新制度についても、じっくり解説しています。

その他「日経平均はどうなる? 強気派vs弱気派大激論」「つみたてNISAの始め方」「最強『投信』番付」等々、注目記事が満載です。

◆ダイヤモンド・ザイ1月号は、ネット書店や全国の書店にてお求めください。
 ⇒Amazonでの購入はこちら!(送料無料)
 ⇒楽天ブックスでの購入はこちら!(送料無料)

◆2年で5000円以上も得する定期購読もおすすめ!
 ⇒ダイヤモンド・ザイ定期購読のお申し込みはこちら!
※関連記事⇒ダイヤモンド・ザイを一番安く買う方法とは? 最大約30%オフになる”裏ワザ”を紹介! 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2018年2月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 325本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2528本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1107本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2543本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。2017年9月より、1日定額制プランだと、1日10万円まで売買手数料が0円に! 手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2018年最強日本株
株主優待カレンダー
ラクラク確定申告

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【2018年に儲かる最強日本株】
●高配当株から成長株、少額株まで注目103銘柄
超少額で買えて大化けも狙える! 5万円株
人気優良株から出遅れ株まで網羅! 10万円株
高い利回りに加え値上がり益も期待大! 高配当株
大化け期待の高成長株がズラリ! 中小型株
●日本経済を牽引する業績絶好調株! 大型株
「日経平均」強気派 VS 弱気派大バトル!
税金を取り戻せ!ネットでラクラク確定申告
 ・確定申告の変更点とトクする人
 ・ふるさと納税をした人
 ・ビットコインで儲けた人
 ・FXや先物取引で儲けた人&損した人
 ・株・投信で配当金・分配金をもらった人ほか
別冊付録・281銘柄「株主優待」カレンダー
つみたてNSIAはこの金融機関で始めなさい!
●日本株型&日本中小型株型の最強「投信」番付

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング