ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネット証券を徹底比較
【第11回】 2012年4月24日公開(2012年4月24日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

ネット証券を徹底比較

本当におすすめのネット証券をザイ編集部が徹底比較!さらに手数料や取引ツールなどでも比較、人気のランキングも紹介。口座開設キャンペーンなどもお得情報や、新しい金融商品の紹介記事など、さまざまな切り口からネット証券のお得情報をお伝えします。気になった証券会社の口座開設(いずれも無料)もすぐに申し込めます!

ザイ・オンライン編集部

ゆとりある老後の資金を自分で準備する方法とは?SBI証券に聞いた「じぶん年金」作りと専用ファンド

1

 最近、目にする機会が増えてきた「じぶん年金」という言葉。SBI証券では、11年12月に「じぶん年金」づくりを応援するための「じぶん年金プロジェクト」を始動し、「じぶん年金」作りのための専用ファンドも発売した。

 そもそも「じぶん年金」とは何なのか? 専用ファンドは他のファンドと何が違うのか?――SBI証券で「じぶん年金プロジェクト」に携わり、SBIファンドバンクの代表取締役でもある植村佳延・SBI証券取締役に「じぶん年金」について話をうかがった。

老後の生活資金を補完するために「じぶん年金」作りが必要

 まずは、植村氏に「じぶん年金」の意味するところを聞いた。

SBI証券 植村佳延取締役(撮影/和田佳久)

 「人によっても違いますが、老後の生活には公的年金のほかに4000万~5000万円近い資金が必要になると言われています。『じぶん年金』とは、公的年金だけでは足りない老後資金を、投資信託などの金融商品を活用して無理なく準備しましょうというものです。念のために言っておくと、所得控除など税制の優遇はありません」

 老後の資金を準備する際には、覚えておいて欲しいポイントがあると植村氏。

 「支店で開催している『じぶん年金』のセミナーでもよく話すのですが、まず確定利付き(もらえる額が決まっている金融商品)では資産は作れないということと、相場観を当て続けることはできないということです。その時々の相場観で、これがいいあれを買おうとやっていては、退職年齢になったときに資産を準備できていない可能性が高いのではないでしょうか」

 つまり、「じぶん年金」を作るには、リスクを取りながらも自分の相場観に頼らずに、資産を大きくかつ着実に増やしていくことが重要になる。

 「そのための方法が、国際分散投資と積立運用です。経済成長している地域に幅広く網をかけて投資することで、リスクを抑えながら大きなリターンが狙えます。また、積立を利用すれば買いタイミングに迷うことがなく、時間分散によってリスク分散が図れます」

 さらに、「じぶん年金」作りでは、年齢に合わせてポートフォリオを見直す必要もあるという。

 「若いときには株式の配分を高くしたほうがより大きなリターンが狙えますが、退職年齢が近づいてきたらリスクの少ない安定運用に変えたほうがよい。ただ、そうした資産配分の変更を自分で判断して行なうのは大変です。そこで、SBI証券ではじぶん年金を作るための最も簡単なやり方を考えました」

「じぶん年金」専用投信「SBIセレブ・ライフストーリー」とは

 それが、「じぶん年金」専用ファンドとして、SBI証券が昨年12月から募集を開始した「SBIセレブ・ライフストーリー」だ。このファンドの最大の特徴は、あらかじめ設定したターゲット・イヤーに向けて資産配分を変更していく「ターゲット・イヤーファンド」であること。

SBIセレブ・ライフストーリーでは、2015年、2025年、2035年、2045年、2055年をターゲット・イヤーとする5種類のファンドを用意している。たとえば、現在50歳なら「SBIセレブ・ライフストーリー2025」を選ぶと、退職年齢付近の2025年には安定運用が開始される。図は「SBIセレブ・ライフストーリー2045」の場合のポートフォリオの変化イメージ。徐々に株式やオルタナティブの比率が下がり、債券の比率が増えているのがわかる。*「SBIセレブ・ライフストーリー」目論見書より
拡大画像表示

 「退職年齢をターゲット・イヤーとしていて、ターゲット・イヤーに近づくにつれて、資産ポートフォリオを運用会社の側で徐々に安定的なものへとシフトさせていくファンドです。自分で年齢に合わせた資産配分を考える必要がないため、じぶん年金作りが簡単に行えます」

>>NISAに関する情報が満載です!NISAに関する情報満載!NISAを徹底比較!

>>日経平均上昇中!株を買うなら今でしょ!株を買うなら今でしょ!証券会社を徹底比較はコチラ!

 

 証券会社比較!編集部おすすめ総合ランキング![2014年9月2日更新]
順位  証券会社名 指値(1約定ごと)※税抜 キャンペーン詳細
10万円 30万円 50万円
1位  ライブスター証券  80円  180円  180円 【ZAi限定】ザイ・オンラインで口座開設し、取引1回以上でもれなく現金3000円プレゼント!9月30日まで
2位  松井証券*1  0円  300円  500円 他社では空売りできない銘柄も空売りできる特別なサービス「プレミアム空売り」実施中!!
3位  SBI証券  139円  272円  272円 【ZAi限定!】SBI証券の口座開設&2万円の入金・振替で2000円キャッシュバック!
4位  マネックス証券  100円  250円  450円 【ZAi限定!】株雑誌ZAiが作った「株」入門をプレゼント!各月先着100名様まで!!
5位  楽天証券  139円  341円  341円 株もFXも投資信託も対象!口座開設+各種取引で最大1万8200円相当プレゼント!
*1 松井証券の手数料は一日定額制の場合

 

日本株手数料の低さ新規公開株の取扱い多数
ユニークな投資ツールが充実
最大22,000円プレゼント中!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!マネックス証券の公式サイトはこちら

 

 

業界最低水準の手数料! 株式の手数料が安い! 投資ツールが充実
ネット証券の最大手、高品質のサービス!SBI証券の口座開設はこちら!

SBI証券
ネット証券の最大手、高品質のサービス

ライブスター証券の口座開設はこちら!

ライブスター証券
業界最高水準のスピード口座開設!

マネックス証券の口座開設はこちら!

マネックス証券
少額投資や積立が便利、米国株も購入可能

SBI証券のおすすめポイントはココだ!⇒関連記事はコチラ! 「1約定ごと」手数料1位関連記事はコチラ! サービスが特色で人気のネット証券大手関連記事はコチラ!

 

Special topics pr

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめ!ネット銀行徹底比較!
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内

最強日本株50&
ふるさと納税75

10月号 8月21日発売
定価730円(税込)

 

・下げに負けない2万円から買える日本株
・初心者も経験者のはまる株の落とし穴
・大図解!損する株と儲かる株の見分け方
・付録「まだもらえる!ふるさと納税特産品75」
・肉・カニ・鍋など内容別特産品ランキング
・「桐谷・優待」対「金森・ふるさと納税」完結編
・株で1億!勝ち組10人の必勝トレード術
・高利回り投信100本の利回りランキング!
・アパート経営で月6万円の副収入を獲得
・「上方修正」必至の好スタート株10

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! みんなが選んだ!人気のクレジットカードランキング! お得なふるさと納税情報局