ネット証券会社比較
2014年9月19日公開(2016年5月30日更新)
久保田正伸

秋にかけて日経平均の近未来予想は?
1万1000円~1万7700円説まで
~ネット証券各社のテクニカル分析まとめ~

最近のネット証券各社のテクニカル分析レポートをまとめた結果、日経平均10月、11月の近未来予想は、上下に大きく分かれた! 9月18日に約8カ月ぶりに1万6000円の大台を回復した日経平均だが現在のトレンド、節目となる株価、今後の展開はどうなるのか。移動平均線などのテクニカル指標を使った各社の分析レポートを読んだ。

短期~現在、上昇トレンドが継続している

 「現在は上昇トレンド」と見ているレポートは多い。今年7月30日から8月8日まで日経平均は大きく下げたが、その後7月30日(1万5646円)を上抜いたことにより「上昇基調が継続中であることが確認された」(*2)。

 たとえば、25日移動平均線が上向いていれば上昇トレンドと見ることができる。他にもトレンドを示す指標がある。支持線・抵抗線や、ボリンジャーバンド、DMI(トレンドの発生と勢いを示す方向性指数)といったテクニカル指標で最近の日経平均を分析したのが【図表1】(*4)。

【図表1】日経平均、日足(9月17日時点)。ライブスター証券「livestar R」で表示
拡大画像表示

・緑色の抵抗線を上抜けした後、サポートできるか。
・ボリンジャーバンド+2σ(株価の上にある赤いライン)が上向きなら1万6000円台回復。
・DMI(方向性指数)で、上方向を示す+DIがトレンド発生の目安とされる30%ライン上。今後、+DIが30%ライン上推移と、下向きの方向を示す-DIが低下するか。

 現状は上昇基調だが、各種指標が逆に動けば、トレンド反転となる。その場合「高値掴みや売りそびれがないようにしたい」と注意をうながしている。

 今回参照したレポートの出所一覧が【図表2】。

【図表2】テクニカル分析レポート、当面の目標株価まとめ


番号
トレンド
判断
目標・節目の株価 注目指標 出所・レポート 証券会社
情報へ
1  岡三オンライン証券
上昇 1万6121円(1/6)射程圏 騰落レシオ
(警戒ゾーン)
伊藤嘉洋の週間株式相場見通し(9/15週号)
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
2  SMBC日興証券
上昇 1万6291円(13/12/30)。10月中に1万7700円 日柄と値幅 隔週刊テクニカル分析レポート「流転」中期見通し No.194(7/11)。「流転」 No.198(9/5)
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
3  SBI証券
上昇 1万5942円(13/5/23)、1万6320円(13/12/30)。上値めど、1万6262円、1万6765円前後【図表3】参照 騰落レシオ(投資家の押し目買い下値支え)、25日移動平均線 DZHフィナンシャルリサーチ・週刊日本株式アウトルック(9/12)
SBI証券の公式サイトはこちら
4  SBI証券
上昇 1万6000円台回復?SQ値1万5915円98銭 ボリンジャーバンド+2σの向き。DMIの+DIが30%ライン上 福永博之氏のテクニカルレポート(9/16)
SBI証券の公式サイトはこちら
5  楽天証券
上昇。三角保ち合いかも

「押さえ込み線」「上位の陰線5本」(坂田五法) 土信田雅之「テクニカル風林火山」(9/12)
楽天証券の公式サイトはこちら
6  カブドットコム証券
ピーク-
転換
今年11月前後1万3193円~1万1262円下落リスク。年末までに4月安値下回るアノマリー エリオット波動(調整局面)。一目均衡表の雲(転換点近い) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券・エリオット波動マーケット分析 (9/16)
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
【図表2】詳しくは各レポートの原本を参照してください。*1、*3、*5はネット上で公開、その他レポートは各証券会社のログイン後の画面で読めます。

 

今後どこまで上がる? 目標となる株価は?

 日経平均株価は1万6067.57円(9月18日終値)で過去の高値付近にある。昨年5月(1万5942円)、昨年12月30日(1万6320円)。SQ値(先物取引の取引期限に決済される価格)1万5915円98銭も節目と見られる。節目の価格はサポートライン、利食い・損切りのポイントとして見られやすい。

 上値めどは、1万6262円、1万6765円前後【図表3】がある(*3)。さらに「当面1万6300円」から「10月中旬までに1万7700円処まで上昇が拡大」と見るレポートもある(*2)。このレポートでは、過去の上昇値幅3846円(13/6/13~13/12/30)を、直近の安値(14/4/14、1万3910円)にあてはめ、今後の高値めどを1万7756円としている。

【図表3】日経平均、日足(9月16日)。相場の勢いが一時的に押さえ込まれている「押さえ込み線」と、売転換のサイン「上位の陰線5本」が現れたが、結果的にその後、陽線が現れており「上昇基調は崩れていない」と見る(*5)
拡大画像表示

中期~大幅下落を警戒する見方も

 順調に上を目指しているかに見える日経平均だが、警戒を示す指標も出ている。そのひとつが「騰落レシオ」だ(*1、*3)。

騰落レシオ(%) = (値上がり銘柄数)÷(値下がり銘柄数)×100

 騰落レシオは、120%を超えてくる(値上がり銘柄数が多い)と相場の過熱を示すサイン。現在の騰落レシオ(東証1部、25日移動平均)は、120%近辺で推移している【図表4】。

【図表4】騰落レシオ。9月17日時点。ライブスター証券の「livestar QUICK情報」で表示

 また、「今年11月前後に向けて、日経平均は1万3193円~1万1262円」という下落リスクを指摘するレポートもある(*6)。その理由のひとつが、「11年11月から始まった現行3年サイクルが終わる」こと。

 さらに、前出の「10月中旬に1万7700円」を予想したレポート(*2)でも、中期的視点では、7054円(09/3/10)基点の上昇からすでに5年が経過したことで、「10月ピークアウトの後は、3180円幅か4300円幅程度の大きな揺り戻しが生じる可能性が高まる」としている。

 「短い時間で一気に崩壊」がいつもの下落パターン。1万6000円突破にうかれることなく、常にリスク対策などの準備が大切だろう。

 なお、テクニカル分析レポートの詳細を読みたい場合は、是非、ネット証券各社に口座開設して、【図表2】の原本を参照していただきたい。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年4月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2400本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1019本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 43本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 986本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2428本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待カタログ
長期で狙う超成長株
1億円投資家の必勝法

6月号4月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【下落相場に強い優待株や成長株が満載】
・全掲載!株主優待完全カタログ
6大人気優待株の高利回りベスト18
初値2倍ほぼ日は買いか売りか!?
・10年続くテーマ!「超」成長株
IoT人工知能、物流関連の注目株
最強の投資信託に学ぶ日本株入門
1億円投資家の「これだけ必勝法
・小売り株、増配株、底値株で勝つ
個人型確定拠出年金の販社ベスト5
・3大トレンドで選ぶ今買い投資信託
・「超低コスト投資信託の最新情報
トランプ相場後正しい儲け方
格安スマホ会社別の通信料を大比較
桐谷さん株主優待勝つ5つのワザ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!