株ニュースの新解釈
【第134回】 2015年2月27日公開(2017年12月6日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
保田 隆明

大塚家具の娘社長は「なかなかの戦略家」。
株価を急騰させた大幅な増配に込められた
3つの意味と父会長のウルトラCとは?

 ファミリー企業である大塚家具(8186)で経営陣が内輪揉めをしている。父親と娘が社長の座を取り合い、お互いが相手のことを経営に不要な人材であると主張しており、双方が新役員のメンバーを株主総会に提案、3月に行われる総会で株主がどちらの布陣案がいいかに投票をするという委任状争奪戦に発展している。

 これまで我が国においての委任状争奪戦と言えば、M&A関連、あるいは、増配の要求に関するものが多かった。役員任命に関する株主提案は、概ね実現性の低いものがほとんどであり、今回のように旧社長、新社長が真っ向から対立し、しかもそれが親子で、というケースはほかに思い当たらない。

M&Aに発展しそうだが、増配が買収防衛策に・・・

 株式投資の観点で先行きを考えると、ここまで泥沼化してしまったなら、どちらの言い分が通ろうが、この先の経営は容易ではないことが考えられる。

 ここはいっそのこと、外部から新社長を招聘してくる、あるいは、他社との協業や提携によって新たな打開策を見出すというのが、あり得るシナリオである。父は主要株主でもあるので、もし今回の委任状争奪戦に敗れた場合は、自分の経営方針を理解してくれる他社に株式を譲渡するということも考えられよう。

 しかし、それを見越してか、娘社長の会社側は先手を打つ形で大幅な増配を発表した。一株40円から80円に引き上げるというもので、発表前の株価は1100円前後であったので、配当利回りにしてみると、3%台後半だったものが、7%を超えるということになる。

2月26日の増配発表後に株価が急騰した大塚家具(8186)の株価チャート(日足・1年)*チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。

 この配当利回りでの妙味に市場が注目して、2月26日の株価はストップ高となった。株価が上がってしまえば、第三者が同社を買収しようとしても割高と映ってしまい、実行に移せない可能性が高い。この増配は買収防衛の役割を果たすわけだ。

 また増配の恩恵を受ける株主たちは、委任状争奪戦において現経営陣側を支持する一つの要因にもなろう。つまり、現経営陣は札束で票を買いに行くと同時に、買収防衛策をも手当てするという芸当をやってのけようとしている。

 また増配をすれば、主要株主である父親にも相応の配当金が支払われることになる。これは、娘から父に対する「これだけ支払うんだから、もう口を挟まないでくれ」という手切れ金としての側面もあるのではないだろうか。ある意味では退職慰労金とも言えるかもしれない。

 このように考えると、今回の増配はなかなかによく練られた策であることが見えてくる。

 企業が大幅増配を実施する際は、物言う株主のプレッシャーによる場合が多い。今回も、大塚家具の主要株主としては、かつて小野薬品工業(4528)に大幅な増配を要求したブランデスが存在し、もしかすると同社からの圧力が存在したのかもしれない。もしもそうだったとすると、今回の増配はなおのこと現経営陣の地位を守る有効な手段ということになる。経営の経験が浅いと父に言われる娘社長だが、なかなかの戦略家だ。

ウルトラCは、父によるMBO

 委任状争奪戦で父親側が負けてしまった場合に考えられる次なる策は、父によるMBO(経営陣による買収)である。

 ここではブランデスがカギを握る。大塚家具が今後も高い配当水準を維持するならば、ブランデスは株式を保有し続けて配当でリターンを稼いでいくことが可能であるため、わざわざ売却する必要がない。

 一方、最終的にはどこかのタイミングで株式を売却したいはずである。しかし、売却しようにも保有割合が10%では大きすぎる。市場で売りさばくには時間がかかってしまう。そこに父側から買い取りのオファーがあれば、渡りに船となりうる。父もブランデスと話がまとめられれば、MBOの成功確率を高めることができる。また、お金の貸し先に困っている銀行は喜んで買収資金を融資してくれるであろう。

 増配で株価が上がってしまった現状からは、第三者が同社を買収するという可能性は高くない。しかし、今回のように泥沼化すればするほどに、父親サイドは採算度外視で自分の会社を取り戻したいと思っても不思議ではない。

 委任状争奪戦で父側が敗北し、MBOを仕掛ける、このシナリオに乗るならば、今からでも同社株を仕込むのも悪くないかもしれない。

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
 【2018年1月15日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.10% 0.05% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.10%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと100倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.03%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.15% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.20% 0.03% 0.20%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.50%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2018年1月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
クレジットカードのおすすめ

すべての提携ATMの利用手数料が24時間365日、
いつでも何回でも無料! さらに銀行を使うだけで
TポイントやANAマイルが貯まる⇒関連記事はこちら

新生銀行公式サイトはこちら!

 

Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2018年最強日本株
株主優待カレンダー
ラクラク確定申告

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【2018年に儲かる最強日本株】
●高配当株から成長株、少額株まで注目103銘柄
超少額で買えて大化けも狙える! 5万円株
人気優良株から出遅れ株まで網羅! 10万円株
高い利回りに加え値上がり益も期待大! 高配当株
大化け期待の高成長株がズラリ! 中小型株
●日本経済を牽引する業績絶好調株! 大型株
「日経平均」強気派 VS 弱気派大バトル!
税金を取り戻せ!ネットでラクラク確定申告
 ・確定申告の変更点とトクする人
 ・ふるさと納税をした人
 ・ビットコインで儲けた人
 ・FXや先物取引で儲けた人&損した人
 ・株・投信で配当金・分配金をもらった人ほか
別冊付録・281銘柄「株主優待」カレンダー
つみたてNSIAはこの金融機関で始めなさい!
●日本株型&日本中小型株型の最強「投信」番付

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング