最下層からの成り上がり投資術!
【第179回】 2015年9月15日公開(2015年9月15日更新)
バックナンバー

「最下層からの成り上がり投資術!」

著者・コラム紹介

最下層からの成り上がり投資術!

藤井英敏 ふじい・ひでとし

カブ知恵代表取締役。日興證券、フィスコ等を経て05年にカブ知恵を設立。歯に衣着せぬ語り口が個人投資家に人気。雑誌「ザイ」をはじめ多方面に活躍中。

藤井 英敏

FOMCとシルバーウィークを控えた今週、
日本の個人投資家がすべきこととは?

 14日の日経平均株価は前週末比298.52円安の1万7965.70円と大幅に3日続落しました。14~15日の日本の金融政策決定会合や、16~17日の米国のFOMCの結果を見極めたいとして買い手控えムードが強い中、上海株式相場が大幅安となり、投資家心理が一段と悪化し、日経平均株価は1万8000円大台を割り込みました。このように足元の日本株は冴えない動きになっています。

日経平均株価チャート(月足・10年)*チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。SBI証券HPより

 それにしても、9日の日経平均株価の動きにはビックリしました。

 9日の日経平均株価は前日比1343.43円高の1万8770.51円でした。前日の海外株式相場の大幅上昇の流れ受け、買い戻しが買い戻しを誘う展開となった結果です。日経平均株価の上げ幅は、1994年1月31日の1471.24円以来、21年7カ月ぶりの大きさで、歴代では6番目の大きさでした。また、東証1部銘柄上場銘柄の98.9%に相当する1877銘柄が上昇し、1997年2月3日以降で最多となりました。

 しかしその後、翌10日は前日比470.89円安、11日は35.40円安、そして、14日は298.52円安と3日続落しました。3日間の下げ幅は804.81円と、9日の上げ幅の59.91%を失いました。やはり、景気減速懸念を背景に上海株が軟調で、9月のFOMCでの米利上げの有無の不透明感が強いため、日本株も売り圧力が勝る状況が続いているようです。

海外投資家は売り越し、個人投資家は買い越し。
上昇トレンドへの変化には海外勢の買い転換が必須

 需給面では、9月第1週(8月31日~9月4日)の投資部門別株式売買動向では、海外投資家は4週連続で売り越しです。売越額は4817億円で、前週の7070億円から減ったものの、売り越し姿勢に全く変化がありません。一方、個人投資家は4週連続で買い越しです。買越額は3378億円でした。また、信託銀行は2週連続で買い越しです。買越額は2552億円でした。

 海外勢の売りを、年金と個人の国内勢が買い向かうという構図が続いています。やはり、足元の下落トレンドの変化には、海外勢の売りが細ったり、買い転換してこないと厳しいでしょうね。

 また、日経平均株価については、テクニカル上、本格的な戻りに入るには、200日移動平均線(14現在1万9098.35円)を超えてこないと難しいとの認識です。同線を下回っているうちは、中長期的な日本株の需給は悪く、買い勢力よりも、売り勢力の方が強い状況が続く見通しです。このため、同線を下回っているうちは、基本スタンスは、「売り」ということになります。

 具体的には、順張り的に「下がれば売り」を基本とし、逆に、相場が上がれば、逆張り的に「戻り売り」ということになります。

FOMCの利上げの有無は別にしても
今週は無理に日本株を売買する必要なし

 16~17日の米国のFOMC(連邦準備制度理事会)に関しては、利上げするかどうかまったく予想がつきません(編集部注:発表は日本時間9月18日・金曜日の午前3時)

 ただ、ここ最近、「利上げした場合、相場はアク抜けする(悪材料が出尽くして下落がひと段落する)」といった評論家などの見方が散見されます。しかし、私はそうなるといいけど、本当にそうなるのかと、懐疑的にみています。

 現状の状況で、利上げが断行された場合、新興国通貨の下落に拍車が掛り、安全通貨とされる円が急騰。資本流出懸念の強まりから、中国株の下落が急ピッチに進む。同時に、中国の景気減速懸念から、原油価格を中心とした商品価格の下落に拍車。この世界的なデフレ懸念を嫌気する格好で、リスクオフのムードが一段と強まり、世界同時株安が起こる。アジア通貨危機のような様相を呈する。こんな展開もあるのはないかと考えています。

 現時点では、「アク抜け(楽観シナリオ)」を期待しつつ、逆の「悲観シナリオ」も用意して、固唾を飲んで、FOMCの結果を待つしかありません。

 日本人にとって、株を買いにくいのは、16~17日のFOMCの結果が出てすぐに、19日から23日までのシルバーウィークに突入してしまうことです。この日本のシルバーウィーク中、何が起こるかわからないので、腰を据えた売買をしにくいのです。この期間中、海外株式市場が順調に上がってくれれば問題ありません。しかし、逆に、波乱の展開となれば、投資家の大部分を占める買い方は、休み中、そして休み明け、不愉快極まりない状況を余儀なくされますから。

 そうこう考えると、今週は、無理して日本株をいじる必要性は乏しいと思います。オール・キャッシュにして、シルバーウィーク明けに、売りなのか、買いなのかを判断し、ポジションを作っていいのではないかと思います。「兜町は明日もある」との相場格言を想起するべき局面ではないでしょうか(笑)。

チャイナショックからの下落は経済危機の可能性も。
米企業の収益が悪化し始めているので注意が必要

 ところで、ユダヤ教のラビが執筆した「The Mystery of Shemitah」の「7年ごとのシュミッター年(ユダヤ歴の安息年)には経済危機が起こる」という指摘が、市場の一部で話題になっています。

 現時点では、夏のチャイナ・ショックを機に世界の株式市場は下落していますが、経済危機と表現するほどの惨状に発展している訳ではありません。しかし、今の水準から世界の株式市場の下落が加速するようだと、経済危機に発展する可能性は高まります。

 ちなみに、15年前半の米主要500社の営業利益率は9.4%と12年以来の低水準で、第3四半期(7~9月期)の主要500社の1株利益(EPS)も減少が見込まれているそうです。米企業収益の悪化を嫌気する格好で、米国株が下がり始めると、ちょっとヤバイかもです。中国もダメ、米国もダメということになると、市場の雰囲気はまさに「お先真っ暗」ということになりかねません。

 現状のような不透明感が強く、ボラタイルな相場では、あなたは、ドラゴンクエストシリーズでの作戦コマンドである「いのちだいじに」を選択するべきです。そして視界が良好になったら「ガンガンいこうぜ」にコマンドを変更すればよいでしょう。

 今は、とにかく、種銭を減らさないことに腐心するべきだと思いますよ。この困難な状況を上手く立ち回ることができ、生き残ることができれば、次に来るであろう上げ相場で、相当の果実を得られるはずですから、是非、「いのちだいじに」頑張ってください(笑)。
 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年3月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2288本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められる。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、投資信託を除けば、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 955本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2371本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

隠れ割安株ベスト66
人気株500激辛診断
長期優遇の優待株34

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【まだ買える!トランプ相場の上昇株ベスト18】
円安メリット株想定ドル円レート一覧
・長期で狙う!連続増収増益株ランキング
・長期で狙う!連続増配株ランキング
・売り・買いをズバリ!人気株500診断
・買いの10万円株高配当株優待株21
失敗しない投資の鉄則7カ条
・元本保証のネット定期&個人向け国債
・不透明な世界に備える金への投資
・積み立てがベスト!増やす株式型投信
・利回りを欲張らない!健全分配型投信
長期優遇あり株主優待株ベスト34
上場全3629銘柄最新理論株価
最高3%退職金専用定期利回り比較
別冊付録・相続&贈与などの節税ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!