最下層からの成り上がり投資術!
【第191回】 2015年12月15日公開(2015年12月16日更新)
バックナンバー

「最下層からの成り上がり投資術!」

著者・コラム紹介

最下層からの成り上がり投資術!

藤井英敏 ふじい・ひでとし

カブ知恵代表取締役。日興證券、フィスコ等を経て05年にカブ知恵を設立。歯に衣着せぬ語り口が個人投資家に人気。雑誌「ザイ」をはじめ多方面に活躍中。

藤井 英敏

世界の株式市場を揺らす「オイル・ショック」で
下落する日本株がリバウンドに入る可能性と
黒田サンタのプレゼントについて考えてみた

 足元の世界の株式市場は、今年夏から秋の「チャイナ・ショック」に続き、「オイル・ショック」に揺れています。

 ゴールドマン・サックスの調べによると、低い信用力を背景に、高利回りの社債であるジャンク債の発行企業のおよそ25%がエネルギー・素材関連だそうです。そして、足元の原油価格下落に連動して、社債の価格が急落しています。この結果、「ジャンク債」に投資するファンドの清算が相次いでいます。「サード・アベニュー・フォーカスト・クレジット・ファンド」が9日、換金の停止と清算を投資家に通知しました。また、11日、米ヘッジファンドの「ストーン・ライオン・キャピタル・パートナー」も、投資家への償還を停止したことが明らかになりました。

 国際エネルギー機関(IEA)が11日公表の月報で来年末まで原油の需給の緩みが続くとの見通しを示しました。このため、14日のNY原油先物市場の時間外取引で、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は一時1バレル34.53ドルと、6年10ヶ月ぶりに35ドルを割れました。ただし、その後の通常取引では、WTI期近の1月物は前週末比0.69ドル高の1バレル36.31ドルと、7日ぶりに反発しました。売り方の利益確定の買い戻しが入ったようです。

 この「オイル・ショック」を受け、11日のNYダウは大幅反落し、終値は前日比309.54ドル安の1万7265.21ドルと、11月13日以来およそ1カ月ぶりの安値を付けました。また、ドル/円相場も、11日のNY市場で一時1ドル=120円59銭に急伸し11月2日以来の高値を付けた後、14日も121円アラウンドの円高水準で推移しました。

日経平均株価は近々リバウンドに入る可能性が高い

 これらが嫌気され、14日(月)の日経平均株価は前週末比347.06円安の1万8883.42円でした。日経平均株価はザラ場中としては11月5日以来ほぼ1カ月半ぶりに1万9000円の節目を下回り、また、終値ベースでの1万9000円割れは11月4日以来のことでした。

日経平均株価チャート(日足・3カ月)*チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。SBI証券HPより

 テクニカル的には、14日の東証1部の騰落レシオ(6日移動平均)が54.57%、同(10日移動平均)が63.30%、そして、同(15日移動平均)が72.45%まで低下し、短期的には売られ過ぎを示唆しています。

 一方、日経平均株価の9月29日の1万6901.49円~12月1日の2万12.40円までの上昇幅は3111.91円です。その半値押し水準は1万8456.95円です。一方、14日の75日移動平均線は1万8736.30円です。14日の安値は1万8611.09円ですから、半値押し(1万8456.95円)までは押してはないものの、75日移動平均線(1万8736.30円)は下回っており、値幅的な調整は十分とみています。たしかに、3111.91円の61.8%押しの1万8089.24円程度までのオーバーシュートも頭の隅に入れておく必要はあります。しかし、一応、短期の騰落レシオの数値と、75日移動平均線を割り込んだ上で、半値押し水準を考慮すると、早晩、いったんリバウンドに入る可能性が高いと考えます。

 ところで、75日移動平均線の15日以降、今週末までの対応日は、8月21日~8月26日です。8月21日が1万9435.83円、24日が1万8540.68円、25日が1万7806.70円、26日が1万8376.83円です。また、9月終値の平均値は1万7944.22円です。ザックリ言えば、今後1万8000円台前半で推移するなら、中期的な日経平均株価の方向性を示すとされる、75日移動平均線の向きは少なくとも横ばいで推移する、または、安定的に上向きで推移する見通しです。

 弱気に転じるのは、日経平均株価が9月終値の平均値の1万7944.22円を割り込んでからでも遅くはないと思います。それまでは、現在の「オイル・ショック」による株価下落は、中期上昇トレンドにおける「健全な調整」とみるべきと認識しています。

今週の底打ち後、来週から「掉尾の一振」か

 相場観としては、FRB(米連邦準備制度理事会)が15~16日に開くFOMC(米連邦公開市場委員会)で9年半ぶりの利上げ実施により、当面の悪材料は出尽くすとみています。

 また、週末18日のクアドルプル・ウィッチング・デー通過後は、これまでのポジションがいったん清算されることで、米国株式市場のボラティリティーは低下する見通しです。そうなると、世界の株式市場は年末に向け、下がり難く、上がり易くなるでしょう。

 よって、メインシナリオは今週底打ち後、来週から「掉尾の一振」を見込むというものです。ただし、ここまでの下落で短期チャートは悪化しています。年内に関しては、25日移動平均線(14日現在1万9644.34円)まで戻れれば、「御の字」だとみています。

 今年はまだ終わっていませんが、日経平均株価の年初来高値は6月24日の2万952.71円、年初来安安値は1月16日の1万6592.57円でした。年初から上昇を続け、6月に高値を付けた後、「チャイナ・ショック」で9月29日には1万6901.49円まで下落しました。まさに「往って来い」でした。

 この約3カ月にわたる急落に巻き込まれ、多くの投資家(買い方)の資産が喪失しました。しかし、その後、郵政3社の上場の成功もあり、市場ムードは好転、12月1日には2万12.40円を付けたのもつかの間、今度は、「オイル・ショック」に見舞われ、1万9000円割れです。

 まあ、大発会の1月5日の始値は1万7325.68円です。このまま順調にいけば、年足は「陽線」の可能性が高いと思います。しかし、振り返ってみると2015年は概ね、1万7000円~2万円のボックス相場だったと結論できるような気がします。つまり、儲け難い相場だったと思います。

 そうは言っても、泣いても笑っても、今年の残りの立会日は15日を入れて、11日しかありません。成り上り投資を実践しているみなさん、ラストスパートをかけて、是非とも、最高の年にするべく、稼ぎまくってください(笑)。

 最後に、日銀が17~18日の日程で金融政策決定会合を開催し、黒田総裁が18日に記者会見する予定です。現時点では、追加緩和を見込む向きはあまりいません。ですが、ここで、黒田サンタから、早めのクリスマスプレゼントがサプライズであるようなら、年末に向け、一気に景色は好転します。ほんの少しの期待を抱き、その結果を待ちたいですね。
 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年6月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2419本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 121本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 43本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1011本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。投資信託の申込手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。投信積立、NISA・ジュニアNISAも対象。2017年6月1日(木)~7月31日(月)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2428本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!