ダイヤモンドZAi最新記事
2016年3月27日公開(2016年4月8日更新)
バックナンバー

「ダイヤモンドZAi最新記事」

著者・コラム紹介

ダイヤモンドZAi最新記事

2016年9月号の『ダイヤモンド・ザイ』

【2016年7月21日(木)発売の最新号!】ザイ編集部発! めちゃくちゃ売れているマネー誌『ダイヤモンド・ザイ』より、よりすぐりの記事を公開。株、投信、FX、節約、先物などなど、マネーに関わる最新の情報が続々登場!最新号のご購入はコチラ

【最大30%OFF!】今だけお得な『定期購読』のご案内!

「ザイクラブ・アンケート」はこちら!

ザイ編集部

今買っていい銀行株の見つけ方とは?
配当利回りと国債依存度から選んだ、
みずほFGなどおすすめ銀行株3つも紹介!

日銀のマイナス金利導入で大きく値を下げた銀行株。その分、配当利回りが4%を超える銘柄が増加した。マイナス金利のダメージを最小限に抑えつつ、今後も、しっかりとした収益と高配当が期待できる銀行株はどういった視点でチェックすればいいのか? そして買っていい銀行株とは? 

銀行株は2016年1月から36%も下落!
他業種に比べて下落幅が大きい!

 まずはグラフに注目してほしい。これは日経平均と銀行、輸送用機器、小売りの2016年年初からの値動きを比較したものだ。見てのとおり銀行株の下げ幅は一時36%以上と、日経平均に比べて下落幅がかなり大きい。

 日銀がマイナス金利導入を決定した1月29日以降、下げの勢いが加速したが、実はその前から、銀行株は市場全体の平均よりも大きく売られていた。

 また、株価上昇局面においても、銀行株がほかの業種の上げ幅を上回ることはそう多くない。

 「なぜなら銀行は、市場から『安定はしているけれど成長しない業種』と見られているからです」

 と語るのは某外資系投資顧問会社のファンドマネジャーだ。

 「日本の銀行は、成長よりも資金繰りを求める企業への貸し出しが多く、与信費用が高い。また社会インフラとしての機能を果たすため、通帳の発行やATMの運営など、顧客サービスのかなりの部分をタダ同然で提供しています。これらのコストがあまりにも重いので、儲かりにくく、成長しにくい業種だということを投資家は見抜いているのです」(某外資系ファンドマネジャー)

 しかも、日銀が2013年4月に「異次元緩和」を開始して以来、主な収益源である国債の運用利息はじりじりと減少。市場や預金などからの調達金利と、企業や個人に貸し出す金利の利ザヤも縮小して、利益を稼ぎにくい状況になっている。そこにさらなる試練として、今回のマイナス金利導入が襲い掛かったのだ。

 ただ一方で、株価下落の結果、銀行株の配当利回りは大きく上昇、中には年4~5%と過去最高水準の銘柄もある。これ以上株価が下がらないなら、超高利回りを確保できる。

配当利回り4%超のみずほFGなど
高配当のメガバンクを狙うのが王道!

 今回打ち出されたマイナス金利導入は、銀行が日銀に預けている当座預金の一部について、金利を銀行が受け取るのではなく、逆に日銀に支払うというもの。当初の利率はマイナス0.1%に設定された。

 約260兆円の当座預金のうちマイナス金利となるのは10兆円程度であることや、それ以外の当座預金については従来どおり年0.1%の金利を銀行が受け取れることから、すぐさま銀行の業績に大きな悪影響が出る可能性は低いとみられる。

 しかし、マイナス金利導入以降、銀行が運用する長期国債の金利も低下しており、今後、銀行の収益を圧迫するのではないかという懸念が強まっている。

 そもそも銀行本来の仕事は、預金などで集めた資金を企業や個人に貸し出すこと。ところが「失われた20年」やリーマンショックで多額の融資が焦げ付き、資金をより安全な国債で運用する動きが広がった。

 「海外事業や銀行以外のサービスなど、事業を多角化しているメガバンクは利益に対する国債依存度が比較的低めですが、事業の幅が狭く、貸出先も限られている地銀の中には、国債依存度の高い銀行が多い」と前出の外資系ファンドマネジャーは語る。当然、マイナス金利の悪影響を受けやすいのは、国債依存度が高い銀行だ。

 下図は、横軸が国債依存度の高さ、縦軸が配当利回りの大きさを示している。図の左上にあるほどマイナス金利の影響を受けにくく、より高い配当利回りが見込める銘柄だ。

*国債依存度は前期の有価証券利息を経常収益で割って算出。有価証券利息には、国債以外にも株やJリートなどの利息が含まれる場合がある。
拡大画像表示

 たとえば、みずほフィナンシャルグループ(8411)は、利益に対する国債依存度の高さを示す「経常利益に対する有価証券利息の割合」が11.1%と低いにもかかわらず、配当利回りは年4.20%と高い。このような銘柄が狙い目となる。

 また、事業の多角化と海外でのM&Aを推進している三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)にも注目。国債依存度の高さはみずほフィナンシャルグループと同水準で、配当利回りも3.34%と高めだ。

 最後に紹介するのが、ブン銀行(8410)だ。ATMの手数料で稼ぐビジネスモデルで、一般的な銀行と比べてマイナス金利の悪影響は受けにくいといった安心感がある。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ5月号には今回の記事の拡大版の「ゆうちょ銀ほか銀行株67の配当狙いで買っていい・買ってはいけない○×判定」や「2000年からの15年間の検証でわかった!日本株の正しい儲け方」が載っている。過去15年を振り返ると、最短7年分の配当だけで投資額を全額回収できた高配当株など驚きの配当株がゾロゾロ。また、15年間ずっと右肩上がりの株も多数存在、それらには共通点があった。配当狙いや値上がり益狙いの正しい儲け方を具体的な今オススメの銘柄とともに紹介。チャートだけで売買する全勝法や積み立ての合わせワザも。さらに3カ月に1度の人気株500激辛診断では、今期予想だけでなく来期予想も掲載、今後3カ月間の高値&安値予測とともに「売り」「買い」をズバリ判定。ROEや配当利回り、優待利回りなどのランキングのほか、「割安・割高をズバリ!全3601銘柄の最新理論株価」も。このほか、「最高利回り5.4%の超高配当株15」「買いの株主優待株&10万円株14」「住宅ローンの失敗しない借り方&借り換え方」「桐谷さんの手数料&税金0円ワザ」「AKB48がNISAで株&投信に挑戦」など情報満載。ダイヤモンド・ザイ5月号もぜひ読んでみてほしい(アマゾン楽天ブックスでも送料無料で発売中)。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

【2016年7月時点・最新情報】
◆【ネット証券会社おすすめ比較!】
手数料、取引ツールetc.で比較!おすすめネット証券はココだ!

株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆GMOクリック証券
88円 241円 241円
ネット証券比較!人気ランキング!GMOクリック証券の詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
株式売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、株主優待名人・桐谷広人さんも利用している人気の証券会社。近年は各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、ネット証券で上位5社に食い込むほど急成している。本格派のトレードツール「スーパーはっちゅう君」は株と先物取引の両方に利用できる優れもの。また、商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFD(差金決済取引)まである充実ぶり。CFDでは「日本225」「原油」「米国30」ほか、株式指数、商品(コモディティ)指数、人気の外国株など多彩な取引ができるので、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできて便利だ。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は?手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!~桐谷広人さんの「ネット証券口座事情」~
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
GMOクリック証券の公式サイトはこちら
 ◆松井証券
0円
(一日定額制の場合)
300円
(一日定額制の場合)
500円
(一日定額制の場合)
証券会社(ネット証券)おすすめ人気ランキング!松井証券の詳細情報はこちら!
【松井証券のメリット】
松井証券のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば手数料が無料になる点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。「顧客満足度調査」で第1位を獲得しており、取引ツール「ネットストックハイスピード」の利便性などは折り紙つき。チャートの形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」をより利用しているという株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業のデイトレーダーでも利便性が高いサービスが充実しているので、初心者以外にもおすすめ!
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
 ◆カブドットコム証券
90円 250円 250円
ネット証券比較!人気ランキング!カブドットコム証券の詳細情報はこちら!
【カブドットコム証券のメリット】
口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められるのが魅力。「リスク管理追求型サービス」として、逆指値やトレーリングストップなど、自動売買ができる。リスクを抑えつつ、利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ!一方、短期売買に役立つのが板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」だ。「リアルタイム株価予測」を備え、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する。三菱UFJフィナンシャル・グループである点も強み。同グループ関連の指定のETFは、手数料無料の「フリーETF」として、低コストな分散投資に役立つ。その他、スクリーニングツール「kabuナビ」、アナリストレポートは、自分なりに旬の銘柄を探したい人に役立つ。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券おすすめのポイントはココだ!】無料の「フリーETF」や 最強銘柄選びツールの賢い使い方とは?
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆マネックス証券
100円 250円 450円
ネット証券比較!人気ランキング!マネックス証券の詳細情報はこちら!
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
 ◆楽天証券
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気ランキング!楽天証券の詳細情報はこちら!
【楽天証券のメリット】
手数料コースは申込み時に「超割コース」「ワンショットコース」「いちにち定額コース」の3つから選べるが「超割コース」が断然お得だ(申し込み後はいつでも手数料のコース変更可能)。ちなみに上記の手数料は「超割コース」の手数料。また、取引からニュース、投資情報、入出金などに使えるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。たとえば、「日経テレコン」では日経新聞の記事も読める。さらに、国内外の多彩な商品揃えも特長。投資信託が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので長期的な分散投資にも便利。投資に役立つメールサービス「マーケットアロー」や毎日読める投資レポート&コラムは、投資の知力アップにおすすめだ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
楽天証券の公式サイトはこちら
 ◆SBI証券
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気ランキング!SBI証券の詳細情報はこちら!
【SBI証券のメリット】
証券口座開設数300万超はネット証券で1位。そもそも手数料の安さが人気の理由だったが、安いだけでなく、大手ならではの他社に秀でたサービスにも注目したい。たとえば、投資信託の取り扱いは2000本超でダントツ。IPOの取扱いもネット証券で1位。PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合がある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には必須の証券会社と言えるだろう。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SBI証券の公式サイトはこちら
*1 松井証券の手数料は一日定額制の場合 ※手数料は各社とも税抜

 

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 口座開設の早さはピカイチ!
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

最短翌日に取引可能な
スピード口座開設も!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 口座開設が早いだけでなく手数料も最安レベル!関連記事

 

Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい「株」の必勝法
10万円のラップ誕生
ふるさと納税で温泉

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【8~12月権利確定の株主優待ベスト80】
日本株に見るアベノミクス5つの失敗
ひふみ藤野英人さん株選び&売買術
急騰開始テーマ株と売り急ぎの防ぎ方
・長期向け高配当株儲ける2つの売買法
下げすぎ反発株とその目標利益の決め方
・長期上昇株自動の損切り&利確の仕方
10万円からできる低コストラップとは?
・ロボアドバイザーのお任せ投資ガイド
ザイ読者15人「株デビュー」成功術
ふるさと納税旅行クーポンで温泉
・新連載の株入門マンガ恋する株式相場
サラリーマンの年金&退職金が危ない!
・企業版・確定拠出年金の正しい使い方
AKB英国離脱下落投信を買った
・Jリート&米国リートで高利回りを獲得

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

お得な株主優待情報!最新情報、株主優待ランキング!他お得な情報を更新中! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!