株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2016年8月21日公開(2017年2月7日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ザイ編集部

配当利回り3%超、割安株の大企業を狙え!
銀行、自動車関連、商社、ディフェンシブの4業種から
NTTドコモやJT、三井物産など10銘柄を紹介!

高配当を狙う場合でも、知らない株で狙うより誰もがよく知っている株で狙うほうが、情報を集めやすいなどのメリットがある。そこで、今回は日本を代表する企業で、業績も悪くないのに株価が低く高利回りになっている株を選んでみた。下値リスクが小さい今が買いチャンスだ。

PBR1倍割れなど1兆円を稼ぐ企業が
リーマンショック後の水準で放置!

 「株式市場全体が大きく下落している時こそ割安株がオススメ」と、25年間の運用経験がある楽天証券経済研究所チーフ・ストラテジストの窪田真之さんはアドバイスする。

 「日本株は今が大底圏だと見ていますが、円高や米大統領選、米利上げ、欧州の銀行不安などのリスクがあり、先行きは不透明。こんな時は下値リスクが小さい激安株がいい。外国人投資家に叩き売られたことで、大型株の中にはPBR0.4倍まで下げた株もあります」

 東証1部の平均配当利回りは、8月9日現在、1.9%だが、その中でも時価総額が大きい30銘柄で構成されるTOPIXコア30の配当利回りは2.7%と非常に高い。

 しかも、今高配当利回りの大型株には安定した現金収入があるディフェンシブ株以外も多い。

 「大型株で売られている株は、円高、マイナス金利、資源安の3大リスクが原因で下げています。トヨタ自動車も一時PBRが1倍を割れましたが、それは、リーマンショック後とほぼ同じ。また、三菱UFJFGなどのメガバンクは0.4倍台ですが、これは98~2000年頃に日本の銀行が不良債権で潰れるかもしれないと思われていた時と同じ水準で、いくらなんでも売られ過ぎです」(窪田さん)

 リーマンショック後は赤字に転落した企業が多かったのに対して、トヨタ自動車や三菱UFJFGの経常利益は1兆円を超えるなど、大型株の多くは、しっかり利益を稼いでいる。

 「高配当株を買う場合でもディフェンシブ株と組み合わせたり、異なる理由で下落している3タイプの株を組み合わせて買えば、さらにリスクを抑えることができます」(窪田さん)

 これまでの日本株は、上昇する株がさらに上昇し、売られた株がさらに下落するという二極化が続いてきた。

 「そろそろ、このサイクルも終了し、今後は売られ過ぎた株が反転し、上昇トレンドになる可能性もあります」(窪田さん)

 ここからは、大型株の中でも今オススメの高配当株を4つのタイプに分けて紹介しよう。1つのタイプから選ぶのではなく、それぞれのタイプから1銘柄ずつなど、分散することを忘れずに。

配当利回り3%超の有名企業を狙え!【ディフェンシブ株
予想配当利回り 配当性向/配当伸び率 PER/PBR 詳細情報
JT(2914)【最低購入価額】40万円
3.23% 56% / 8.5% 17.3倍 / 3.13倍
JT(2914)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】国内では喫煙者が減少も、新興国での成長などで中長期的に販売本数の増加が続く見込み。M&Aでブランド力がある製品を得ており、増配を続けるための源泉はしっかりある。5期連続で利益は2ケタ成長が続く。
NTTドコモ(9437)【最低購入価額】27万円
3.01% 46% / 14.3% 15.4倍 / 1.88倍
NTTドコモ(9437)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】第1四半期決算では営業利益が27%増に。ネットワーク品質改善や、データ量を家族で分け合えるサービスなどで、新規契約数は6%増に。コンテンツや決済サービス事業も好調で、安定配当を続ける能力は十分。
第一三共(4568)【最低購入価額】24万円
2.95% 73% / 0% 24.9倍 / 1.65倍
第一三共(4568)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】海外子会社の事業再編の費用や、米国での主力品の特許切れなどの影響で、今期と来期は減益見通しも、業績は来期が底となる見通し。安定した収益基盤もあることから、高利回り狙いでの投資に最適な株の一つ。

 

配当利回り3%超の有名企業を狙え!【銀行株
予想配当利回り 配当性向/配当伸び率 PER/PBR 詳細情報
みずほFG(8411)【最低購入価額】2万円
4.62% 32% / 0% 6.8倍 / 0.50倍
みずほFG(8411)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】マイナス金利の影響で、今期は減益見通しだ。しかし、配当利回りは4.6%、PBRは0.5倍と非常に割安。不良債権問題時の水準の0.4倍台に近い水準で売られ過ぎだ。配当性向も30%台と低い。
三井住友FG(8316)【最低購入価額】32万円
4.67% 29% / 0% 6.3倍 / 0.49倍
三井住友FG(8316)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】マイナス金利の影響は十分に織り込まれている株価水準だ。株主還元策の強化やコスト削減による利益率向上で、ROEの改善に注力する。来年度には経営体制も刷新され、資本と経費効率の向上を目標とする方針。
三菱UFJ FG(8306)【最低購入価額】5万円
3.57% 26% / 0% 7.3倍 / 0.44倍
三菱UFJ FG(8306)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】海外展開や事業の多角化でメガバンクへのマイナス金利の影響は小さい。買収したタイの銀行などの海外部門の成長に期待できる。日銀によるマイナス金利拡大のハードルも上がっており、現状の株価は悲観され過ぎ。

 

配当利回り3%超の有名企業を狙え!【自動車関連株
予想配当利回り 配当性向/配当伸び率 PER/PBR 詳細情報
日産自動車(7201)【最低購入価額】10万円
4.95% 37% / 14.3% 7.4倍 / 0.85倍
日産自動車(7201)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】第1四半期決算はアナリスト予想の平均を上回った。コスト削減効果などで、円高による減益幅を小幅にとどめた。外需株への下方修正懸念がある中、通期予想の維持は安心材料で、高い利回りも株価の支援材料に。
ブリヂストン(5108)【最低購入価額】35万円
4.01% 35% / 7.7% 8.9倍 / 1.23倍
ブリヂストン(5108)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】円高で株価は軟調な展開が続いた。しかし、タイヤ販売の好調や原材料安によるコスト削減効果への期待で株価は反発。タイヤ需要が安定しており、安定した利益が続く可能性が高い。5期連続の増配となる見込み。

 

配当利回り3%超の有名企業を狙え!【商社株
予想配当利回り 配当性向/配当伸び率 PER/PBR 詳細情報
三井物産(8031)【最低購入価額】13万円
3.98% 45% / -21.9% 11.3倍 / 0.66倍
三井物産(8031)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】前期は資源安などの影響で、創業以来初の赤字に。資源価格に不安定な要素はあるものの、高い利回りは魅力。一方で、今後、資源・非資源ともに投資を拡大する可能性も。PBR0.6倍と株価は非常に割安だ。
三菱商事(8058)【最低購入価額】20万円
3.06% 38% / 20.0% 12.4倍 / 0.67倍
三菱商事(8058)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【コメント】資源安の影響で前期は赤字だったものの、第1四半期決算では、石炭事業の好転などで、前年同期比で、税引き前利益が約40%も増加。LNGなどのエネルギー部門以外は好調で、上方修正の可能性も。

 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年9月4日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 165本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2452本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1020本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券より割当のある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1048本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。新規口座を開設すると、申し込み翌月末まで、現物株の買付手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。2017年10月31日(火)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2485本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。2017年9月より、1日定額制プランだと、1日10万円まで売買手数料が0円に! 手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング