株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]
2018年1月12日 ザイ・オンライン編集部

特種東海製紙(3708)、株主優待を変更! 100株で
大量のトイレットペーパーがもらえて人気だったが、
今後は保有株数と保有期間に応じて内容が変更に!

特種東海製紙株式会社が株主優待の内容を一部変更すると、2018年1月12日に発表した。

特殊東海製紙(3708)の株主優待特種東海製紙は、特殊紙や産業用の段ボール紙、ペーパータオルなどを製造する会社。
拡大画像表示

特種東海製紙の株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「3月末時点で100株以上保有する株主に、(1)ペーパータオル=150枚×12個、 (2)トイレットペーパー=12ロール×8パック、 (3)文具セットから一つを贈呈(選択制)。9月末時点で100株以上保有する株主に、特製カレンダー贈呈」というものだった。

 今後も9月のカレンダーの株主優待に変更はない。ただし、トイレットペーパーが大量にもらえることで個人投資家に人気があった3月の株主優待は、保有株式数と継続保有期間に応じて株主優待の内容が変わることになる。

 この株主優待の変更は、2018年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

特種東海製紙の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上  以下より1つを選択
 (1)タウパー・ポップペーパー(Lサイズ150枚×12個)
 (2)トイレットペーパー(12ロール×8パック)
 (3)文具セット(B6ノート・カードスタンド)
 9月末  特製カレンダー
(変更後)
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 3月末  100株以上  3年未満  図書カード1000円
 3年以上  以下より一つ選択
 (1)タウパー・ポップペーパー
(Mサイズ200枚×12個)
 (2)トイレットペーパー(12ロール×8パック)
 300株以上  3年未満  以下より一つ選択
 (1)タウパー・ポップペーパー
(Mサイズ200枚×12個)
 (2)トイレットペーパー(12ロール×8パック)
 3年以上  以下より一つ選択
 (1)タウパー・ポップペーパー
(Mサイズ200枚×18個)
 (2)高級トイレットペーパー
(6ロール×8パック)
 9月末  100株以上  特製カレンダー
 詳細  ※継続保有期間3年以上とは、毎年3月末及び9月末時点の当社株主名簿に、
  同一の株主番号で7回以上連続で記載または記録されていることを指す。

特種東海製紙の株主優待の利回りはどうなる?

特種東海製紙の2018年1月12日時点の株価(終値)は4340円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる(※選択制の株主優待は「タウパー・ポップペーパー」を選択したものとし、市場価格を参考として、Mサイズは1個250円・Lサイズは1個280円で試算。価格は編集部調べ)

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×4340円=43万4000円
優待品:3360円相当
株主優待利回り=3360円÷43万4000円×100=0.77%

【変更後】
(100株・3年未満保有の場合)
投資金額:100株×4340円=43万4000円
優待品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷43万4000円×100=0.23%

(100株・3年以上保有の場合)
投資金額:100株×4340円=43万4000円
優待品:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷43万4000円×100=0.69%

(300株・3年未満保有の場合)
投資金額:300株×4340円=130万2000円
優待品:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷130万2000円×100=0.23%

(300株・3年以上保有の場合)
投資金額:300株×4340円=130万2000円
優待品:4500円相当
株主優待利回り=4500円÷130万2000円×100=0.34%

特種東海製紙の株主優待は、ペーパータオルやトイレットペーパーなどの日用品を選べるので利便性が高く、個人投資家に大人気だった。しかし、今回の変更で株主優待の配布基準が変更になり、従来は100株の保有で96ロールのトイレットペーパーがもらえていたが、今後は300株以上を保有するか、100株を3年以上継続保有することが条件となった。100株以上~300株未満を保有しても継続保有期間が3年未満の株主にとっては、株主優待利回りが低下するため、今回の変更は改悪と言えるだろう。ただし、逆に300株以上を3年以上保有する場合は、従来よりも株主優待利回りは高くなる。

 なお、特種東海製紙は2007年に特種製紙と東海パルプが統合して誕生した、特殊紙や産業用紙などを製造する企業。2018年3月期の連結業績予想は、すべて前期比で売上高0.9%増、営業利益29.9%減、経常利益62.6%減、当期純利益74.0%減。原料古紙の価格高騰などが重しに。

■特種東海製紙
業種 コード 市場 権利確定月
パルプ・紙 3708 東証1部 3月末・9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
4340円 100株 43万4000円 1.15%
※株価などのデータは2018年1月12日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。