経営 X 人事
中原淳のグローバル人材育成を科学する
【第1回】 2016年12月20日
著者・コラム紹介 バックナンバー
中原 淳 [東京大学大学総合教育研究センター准教授]

日本企業にありがちな“グローバル風”研修3つの落とし穴

【日本企業の“グローバル風”研修3】
無茶ぶり課題系

 「グローバル人材育成で大事なもの? 必要なのは、語学でもない、異文化理解でもない、ずばり、タフマインドだけだ!」といった、日本の海外進出が活発であった1970年代、80年代に現地法人立ち上げなど海外でタフな仕事をなさってきた役員のお歴々の言葉を手がかりに、「じゃあ、着のみ着のままでどこでもいいから外国へ行ってきて、我が社の製品が売れるかどうか市場調査してきてよ。とりあえずミャンマーあたりどうだい?」などと、語学もままならない、海外旅行すら行ったことのない若者を送り出すような研修です。

 異国の市場をあてどなくさまよいつつ、現地の人との触れ合いの中で得られたリアルな体験は、若者にとって貴重な財産となるでしょうから、その全てが無駄なはずはありません。

 ですが、せっかく海外でタフマインドを身に着けた若手人材が、帰国後は元々所属していた海外とは全く接点のない部署に戻り、以前と変わらぬ業務を続けている……、といったケースも少なからずあるようです。

 こうなると、その研修は本当に、自社のビジネスのグローバル化に役立つ人材の育成につながっているのか、ということを少し立ち止まって考えてみる必要がありそうです。

 ここまで、“グローバル風”研修と茶化して書いてきましたが、私が危惧しているのは、

(1)英語、文化、タフマインドなど、なんとなくグローバルを連想させるものをコンテンツにして
(2)日常の業務とは全く切り離された場で
(3)たった1回の研修をすることで

 海外活躍力を高めようとするところにあります。

 そもそも一言で「グローバル人材」といっても、求められる能力は各社異なっているはずです。あなたの会社にとって「海外で活躍するグローバルな社員」とはどんな能力を持ったどんな人でしょうか?

 それぞれの会社で求められる人材像は異なっているはずです。流行りだからと“グローバル風”研修を導入する前に、まずは自社にとっての「グローバル人材」とはなにか、そこから考えてみていただきたいと思うのです。

(東京大学大学総合教育研究センター准教授 中原 淳)

(構成・井上佐保子)

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

中原 淳[東京大学大学総合教育研究センター准教授]

東京大学 大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』『活躍する組織人の探究』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。企業における人材開発の実証的研究をすすめるかたわら、さまざまな研修・ワークショップなどを開発・評価。近年では、新任マネジャー向けワークショップ「マネジメントディスカバリー」、人材開発担当者向けワークショップ「研修開発ラボ」などを開発。Blog: http://www.nakahara-lab.net/blog/、Twitter ID: nakaharajun

 

 


中原淳のグローバル人材育成を科学する

国内市場は縮小し、内需拡大の限界に直面しつつある今、成長が期待されるグローバル市場に乗り出していく人材の育成は、多くの日本企業にとって、今もこの先もますます重要な課題となっていく。にもかかわらず、日本企業の「グローバル人材育成」はどうも問題があるようだ。そもそもグローバル人材育成とは何か? どのように実現するものなのか? 形だけでなく、真の意味で企業の成長につながる「グローバル人材育成」のあり方を見直し、考えていく。

「中原淳のグローバル人材育成を科学する」

⇒バックナンバー一覧