将棋は私の人生そのもの
好きになるのは理屈ではない

 2017年2月20日に行われた第44期女流名人戦の予選準決勝で勝利し、女流2級に昇級したカロリーナさん。これにより正式に女流棋士となった。外国人としては初の快挙だ。

 プロになるという夢は果たしたわけだが、これがゴールではない。勝利を積み重ね、女流棋士としてより高いレベルを目指したいという。

ポーランドでは囲碁に比べると将棋人口はまだまだ少ない。もっとすそ野を広げたいという

 さらに、女流棋士としてのキャリアの構築とともにカロリーナさんが重視しているのが、将棋のプロモーションだ。どうやったら将棋をより世界に広めることができるのか、いろいろとプランを模索中で、そのための手段の一つとして、つい最近ブログを始めた。英語とポーランド語で情報を発信していくという。

 強い信念で夢を追い続けるカロリーナさん。

 あなたにとって将棋とは何か?」という問いかけには次のような答えが返ってきた。

「Shogi is my life (将棋は私の人生)」――。

 では、こよなく将棋を愛する理由はどういうところにあるのか?

「それは誰にも、私自身にもわかりません。将棋に対する強い愛情があるだけなんです。私は論理的にものごとを考えるタイプですが、愛情は理論では割り切れないものです」